ブログのノウハウ

Cocoonテーマ更新時のエラー解決策と「何かうまくいかなかったようです。」と表示されたときの対応

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウを解説しています。

Cocoonを更新をしたらページの表示が崩れてしまいました。
どこに問題がありますか?

以上のような、Cocoon更新のエラーに関する疑問にお答えします。

この記事の内容
  • Cocoon更新エラーの対処法

yujiblogの月間PV

当ブログはコツコツ更新した結果、月間26万PVとなりました。
またアフィリエイト収入も増えており、現在は月100万ほどを稼いでいます。

先日Cocoonを更新したところ、ページの表示が崩れるエラーが発生しました。

エラーを読むとどうやらCocoonの子テーマに不具合が起きているらしく、以下のようにWordpress側からもメールでの報告が来ています。

そこでこの記事ではCocoon更新エラーの対処法を紹介します。

「事前にバックアップを取る方法」も解説したので、ぜひ参考にしてみてください。

Cocoon更新エラーの原因とは?

今回のようなエラーは、Cocoonのphpを編集している場合に起こることがわかりました。

なので、自分でCocoonをカスタマイズして使っている人は以下のエラー内容が当てはまるかと思います。

エラーの原因
Cocoonが正常に実装されるには、親テーマ/子テーマの両方のphpの構造が同じである必要があります。
僕の場合、子テーマでphpを編集していたのですが、親テーマの更新でphpの内容が大幅に変わったタイミングで、子テーマが機能しなくなりました。

なので、子テーマ内のファイルを手動で最新の状態に更新することで解決します。

サーバー内のファイルを更新する方法

ここで解説する方法は、自分のパソコンとサーバーを繋げて、ファイルのやり取りをする方法です。
バックアップや画像の管理なども、こちらの手順で簡単になります。

ファイルはローカル環境で編集します

テーマエディタ内でphpファイルの書き換えができれば楽なのですが、WordPressでは編集ができません。

このように、WordPressのテーマエディタ内でファイルを編集しようとすると、「何かうまくいかなかったようです。変更が保存されていないかもしれません。手動で修正し、FTP経由でファイルをアップロードすることもできます。」と表示されます。

これは遠回しに書いてありますが「ファイルを編集する場合は、ローカル環境で編集して、FTPでアップロードしてください」という意味です。

ファイルの編集手順
  1. サーバー内のファイルをダウンロード
  2. ローカル環境でファイルを書き換え
  3. 編集したファイルを再度サーバーにアップロード

このように、ローカル環境でファイルを書き換えてから再度サーバーに上げなおす必要があります。

FFFTPを使うと早いです

ローカルとサーバーのやり取りには、FFFTPを利用するとスムーズに処理ができます。

これがFFFTP使用中の様子で、左側が僕のパソコン内・右側がサーバー内です。

ファイルのやり取りを同じ画面上で、ドラッグのみでできます。

FTPを使ってファイルのやり取りをする手順

①サーバー内のファイルをFTPでダウンロード

今回は例として、サーバー側の親テーマからtmpファイルをパソコン内にダウンロードします。

親テーマの位置
  • /独自ドメイン.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-master

更新済みのCocoonMasterのtmpファイルを、左のローカルへコピーします。

②ローカル環境でtmpファイルを書き換える

tmpファイルを編集する場合は、テキストエディタで書き換えます。

③tmpファイルを再度サーバーにアップロード

書き換えたtmpファイルを、子テーマへアップロードします。

子テーマの位置
  • /独自ドメイン.com/public_html/wp-content/themes/cocoon-child

先ほどローカルで編集したtmpファイルを、右のCocoonChildへコピーします。

これで、子テーマ内のtmpファイルを手動で更新できました。

ページの状態を確認する

ページの状態は以下の通りです。

表示がもとに戻りました。

続いて、Cocoon設定のバックアップの取り方を説明します。

Cocoon設定のバックアップ方法

ブログのデータが崩れた場合、今回のようにうまく回復できるとも限りません。
なので、今後のためにバックアップを取っておこうと思います。

バックアップの取り方
  1. WordPress全体
  2. Cocoon設定
  3. style.css

以下で詳しく解説します。

①「WordPress全体」のバックアップ

ブログが軌道に乗って、収益を上げられるようになってきたときに、まさかのトラブルでデータがすべて飛んでしまった…

そんなときのために必要なのが「BackWPup」です。
プラグインを利用することで自動的にデータを安全な場所に保管してくれます。

BackWPup導入方法は、以下の記事で詳しく解説しています。
》BackWPup設定方法

②Cocoon設定のバックアップ

1.「Cocoon設定」→「バックアップ」と進みます。

2.「バックアップファイルの取得」をクリック。

3.「cocoon_settings.txt」がダウンロードされました。

③style.cssのバックアップ

1.「style.css」はメモ帳などにコピペすればOKです。

2.「外観」から「テーマエディター」に進みます。

3.「style.css」をコピーします。

4.「style.css」をメモ帳で作成しました。

SEO上位表示と収益化について

このブログでは、以上のようなCocoonを使ったブログ運営について、ノウハウをまとめています。
Cocoonの初心者向けSEO対策は、こちらにまとめています。

また、おしゃれなカスタマイズもすべてコピペでOKなので、初心者の方にもおすすめです。

以下は、ブログ収入を伸ばしたい方へのおすすめ記事です。

多くの人に読まれる記事を書こう

yujiblogの月間PV

当ブログではSEOで検索上位を獲得した結果、アクセス数が大幅に伸びました。

このような「読まれる記事の書き方」をテンプレにまとめたので、参考にしていただけたらと思います。
》ブログ記事の書き方9ステップ【月26万PV読まれる14のコツ】

アフィリエイト神ツールを使いこなそう

また、当ブログの現在の収益は月100万ほどとなっていますが、このようなブログ運営を支えてくれた「神ツール」を以下にて紹介しています。
》ブログアフィリエイトのおすすめツール15選

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

》ブログで月5万稼ぐロードマップ
》アフィリエイトの完全マップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました