ブログのノウハウ

【Cocoon】初心者でもできるトップページのインデックスカードのおしゃれなカスタマイズ【コピペでOK!】

WordPress インデックスカードのカスタマイズ

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

ブログ初心者なりに、トップページのインデックスカードをおしゃれにデザインしたいです。

以上のような、ブログデザインについての要望に丁寧にお答えします。

このブログではWordPressテーマのCocoonを使っていますが『トップページのインデックスカード』は以下のようなデザインにしています。

Cocoonインデックスカードのカスタマイズ

当ブログでは以前から「インデックスカードのカスタマイズを知りたい」との要望が多くいただいていました。

そこでこの記事では、以上のようなCocoonのインデックスカードを簡単に再現できる方法を解説したので、参考にしていただけたらと思います。

※収益化を目指している方には、おしゃれなWordPressテーマのSWELLをおすすめしています。詳しくは以下の記事をご覧ください。
【最新】SEOに強いおすすめWordPressテーマ16選

【保存版】ブログ初心者が月5万稼ぐまでの全手順を解説
ブログをアクセスアップするには?【初心者がやるべき対策は1つだけ】

インデックスカードの設定方法

Cocoonインデックスカードのカスタマイズ

Cocoonのデフォルトではこのようなシンプルなデザインになっています。

また、Cocoonの全体的な基本設定がまだの方は、以下の記事をご覧ください。
【重要】Cocoonおすすめの初期設定を解説

インデックス設定

Cocoonヘッダーロゴデザイン

WordPressメニューから「Cocoon設定」を開きます。

「Cocoon設定」から「インデックス」タブを選択し、上から順に設定していきます。

リスト設定
▶カードタイプ
・縦型カード2列
・スマホ端末で縦型&タイル型のエントリーカードを1カラムにする
▶枠線の表示
・カードの枠線のチェックを外す

リスト設定
▶投稿関連情報の表示
・スニペット(抜粋)の表示
・スマホ端末でスニペットを表示(480px以下)
・投稿日の表示
・更新日が存在しない場合は投稿日を表示
・更新日の表示

その他はデフォルトでOKです。

このように設定できたら「変更をまとめて保存」をクリックします。

Cocoonインデックスカードのカスタマイズ

これで縦型カード2列表示になりました。

スタイルシートにコードをコピペする

Cocoonヘッダーロゴデザイン

「外観」から「テーマエディター」に進み「style.css」を開きます。

Cocoonヘッダーロゴデザイン

スタイルシートに以下のコードをコピペしてください。
メモ書きも残しておいたので、参考にしていただけたらと思います。

スタイルシートに入力するときの注意点
・編集前に必ずスタイルシートのバックアップを取る
・編集するテーマが「CocoonChild」になっていることを確かめる
・「@charset “UTF-8”;」から始まる部分(最初から入力されている内容)は消さずに下に追記していく

スタイルシートにコピペするコードはこちらです。

【コード】
/************************************
**** インデックス
************************************/
a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf{/*カード本体*/
padding:0 0 .5em;
border-radius:10px;
width:48%;
margin-bottom:2em;
}
a.entry-card-wrap.a-wrap:hover {
transform: translateY(-1px);
transition: all .3s;
background-color: #fff;
}
figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{/*サムネイル大きさ*/
max-height:150px;
border-radius:10px 10px 0 0/ 10px 10px 0 0;
overflow:hidden;
display: flex;/*位置をflexで中心に*/
justify-content: center;
align-items: center;
}
.e-card-thumb .cat-label{/*カテゴリラベルを右に寄せる*/
margin-left:.8em;
}
@media screen and (max-width: 1100px){/*サムネイル大きさ*/
figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{
max-height:120px;
}}
@media screen and (max-width: 1023px){/*サムネイル大きさ*/
figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{
max-height:180px;
}}
@media screen and (max-width: 900px){/*サムネイル大きさ*/
figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{
max-height:160px;
}}
@media screen and (max-width: 750px){/*サムネイル大きさ*/
figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{
max-height:130px;
}}
@media screen and (max-width: 600px){/*サムネイル大きさ*/
figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{
max-height:250px;
}
a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf{/*画面幅600pxまで、1カラムにする*/
margin:.5em 1em!important;
}
.ect-vertical-card .entry-card-wrap {
width: 95%!important;
}
}
@media screen and (max-width: 480px){/*カード本体*/
.e-card-thumb .cat-label{/*カテゴリラベルを右に寄せる*/
margin-left:1em;
}}
@media screen and (max-width: 1023px){/*画面幅1023未満はカード本体に影を表示*/
div#list a {
box-shadow: 0px 1px 5px 0 rgba(0,0,0,.2);
}
}
@media screen and (min-width: 601px) and (max-width: 834px){/*通常記事本文の周囲の空白にも影響している*/
div#content.content.cf{
margin:1em;
}}
h2.entry-card-title.card-title.e-card-title{/*カードタイトル*/
font-size:18px;
color:#7b7b7b;
font-weight:bold;
text-align:center;
line-height:1.8em;
margin-top:3em;
margin-bottom:1em;
padding: 0 1.5em 0;
}
.entry-card-snippet.card-snippet.e-card-snippet{/*スニペット*/
font-size:14px;
color:#7b7b7b;
text-align:center;
border-top:3px dotted #90C31F;
line-height:1.8em;
padding-top:0.6em;
margin-left:2em;
margin-right:2em;
margin-bottom:4em;
max-height:20em;
}
@media (max-width:834px){
h2.entry-card-title.card-title.e-card-title{/*カードタイトル*/
font-size: 1.15em;
font-weight:bold;
line-height:1.7em;
padding: 1.5em .8em 1em;
margin:0;
}
.entry-card-snippet.card-snippet.e-card-snippet{/*スニペット*/
font-size:13px;
text-align:center;
border-top:3px dotted #79c06e;
line-height:1.8em;
padding:1em 0.5em 0;
margin: 0 1em 1.5em;
}
main.main, div.sidebar {/*モバイル表示などの本文全体の周りの空白にも影響している*/
padding:0;
}
}
a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf .post-date,
a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf .post-update{/*日付・更新日*/
margin-right:1.5em!important;
color:#7b7b7b;
font-size:.86em;
}
.eye-catch .cat-label, .cat-label{/*カテゴリラベル全体デザイン*/
font-size:.7em;
border-radius:10px;
margin:0.5em;
padding:0 0.5em 0;
background-color:#90C31F;
color:#fff;
}
div.admin-pv{/*閲覧数を非表示*/
display:none;
}

Cocoonヘッダーロゴデザイン

コピペができたら「ファイルを更新」をクリックします。

これで『インデックスカード』のカスタマイズは完了です。

デザインを確認する

このように表示されていればOKです。

このブログでは、以上のようなCocoonのオリジナルカスタマイズを他にもたくさん紹介しています。
すべてコピペでOKなので、初心者の方にもおすすめです。

【コピペでOK】ブログ初心者でもできるCocoonカスタマイズの完全マニュアル

お願い
Cocoonカスタマイズは、皆様のフィードバックをもらいながら、改善の努力を重ねることで作成しています。
もし「当ブログのデザインが役に立った」と感じていただけた場合には、是非、ブログやTwitterで小さく紹介していただけると大変嬉しく思います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

「カスタマイズが上手くいかない…」と感じる方へ

当ブログのカスタマイズは、1つ1つのパーツが複雑に関連し合っているため、個別でデザインを使う際などは上手く表示されないことがあります。

TwitterのDMなどでも一生懸命サポートしていますが、若干のズレが出てしまったり、思うようにカスタマイズできない部分も少なからずあります。

そこで、カスタマイズが難しい場合は有料テーマSWELLの利用をおすすめしています。(※僕自身も2サイト目ではSWELLを利用しており、特にデザイン性の高さに魅力を感じています。)

SWELLは公式サイトの設定マニュアルや、購入者用の質問フォーラムが充実しているので、説明不要で初心者の方でも安心して使えます。

また、特にブログの収益化を目指している方には、デザインや設定の時間を短縮して、記事執筆に専念してもらいたいとも感じているところです。

使用感はデモサイトにて確かめられるので、興味のある方は確認してみてください。人気急上昇中なだけあって、時代に合ったオシャレなデザインです。
SWELLのデモサイトはこちら

その他のおすすめテーマも紹介していますので、1日でも早く記事を書いてアフィリエイト成果に繋げてください!

【最新版】SEOに強いおすすめWordPressテーマ16選

また、Googleアドセンスにまだ合格できていない方は、こちらの記事で審査攻略をまとめています。

【最新】Googleアドセンス審査に合格するための6つのポイント

ちなみに、副業ブログで結果を出した方法を以下で全て公開しています。

【副業ブログは稼げる?】会社員がバレずに月30万稼ぐまでにやったことを全て公開します

以下は、ブログのSEO対策に関するおすすめ記事の紹介です。

ブログのアクセス数を増やす方法とは?

PV画像

yujiblogはSEOで検索上位を獲得した結果、1年ほどでアクセス数が大幅に伸びました。

ブログのアクセス数を増やす方法について以下の記事で解説したので、参考にしていただけたらと思います。

ブログをアクセスアップするには?【初心者がやるべき対策は1つだけ】

SEOに強いブログ記事の書き方テンプレート

以下で紹介する記事では、検索上位を獲るためのブログの書き方について、徹底的に解説しています。

この記事で達成できる目標
・読者にとって読みやすい記事が書ける
・Googleに評価されやすい記事が書ける

テンプレを完コピするだけでSEOに強い記事が書けるようになるので、実際に手を動かしながら挑戦してみてください。

【完全版】SEOに強いブログ記事の書き方テンプレート

ブログ収入を稼ぐまでの流れを徹底解説

またアクセス数に比例してアフィリエイトの売り上げも伸びており、現在の収益は毎月35万以上となっています。

以下の記事では、ブログを収益化する方法について詳しくまとめています。

【初心者向け】ブログ収入を稼ぐまでの流れを徹底解説

セールスライティングの5つのコツ

セールスライティングとは、文章で商品を売る技術のことです。

的確なセールスライティングができると「成約率」が高くなるので、ページのアクセス数が少ない状態でアフィリエイト成果を出すことが可能です。

以下の記事では、文章でモノが売れていくセールスライティングのノウハウについて詳しく解説しています。

【売れる文章術】セールスライティングの5つのコツ

サイト表示速度が遅くて悩んでいる方へ

ブログの表示速度は、Googleからの評価に関わる重要な要素です。

Googleはこれまでに何度も『サイト表示速度とSEOの関係』について明言しています。

Web検索ランキングでのサイト速度の使用
『ユーザーは速度を重視しています。そのため、検索ランキングではサイトの速度を考慮に入れることにしました。』
詳細情報:Google 検索セントラルブログ
読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用
『2018年7月よりページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素として使用することを本日みなさんにお伝えしたいと思います。』
詳細情報:Googleウェブマスター向け公式ブログ

このようにSEOで重視されるサイト表示速度ですが、レスポンスの速いサーバーを使うことで大幅に改善されます。

そこで以下の記事では、ブログアフィリエイトに最適なレンタルサーバーを5つ厳選しました。

高速サーバーへの『お得な乗り換え情報』についても詳しく解説しているので、是非チェックしてみてください。

【高速化】ブログアフィリエイトにおすすめのレンタルサーバー5選

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【保存版】ブログ初心者が月5万稼ぐまでの全手順を解説
一般人でもブログ収入は稼げる?個人が月10万稼ぐための8つのポイント
Amazonアソシエイト審査に1発合格した話
【限定公開】もしもかんたんリンクのカスタマイズ
【注意】もしもアフィリエイトは危ない!?
【その画像の著作権、大丈夫?】安心のフリー素材サイト9選

コメント

  1. さくら より:

    はじめまして。

    超初心者ですがこちらの記事を参考に、cocoonのカスタマイズをしています。

    インデックスカードもスッキリと素敵なデザインになって喜んでいたのですが、これまでインデックスカードに表示されていた、記事ごとのアクセス数(本日〇人・週・月・全体…の表示)が表示されなくなってしまいました。

    管理者画面の「PVを表示する」「PVエリアを表示する」などPVに関する部分はチェックが入ったまま(デフォルトからいじっていません)です。

    その他のカスタマイズはしておらず、インデックスカードのコードを削除するとアクセス数が再び表示されるため、インデックスカードのコードが原因なのかと思うのですが、こちらのカスタマイズのデザインを保ったままでアクセス数を表示させるにはどうすればよいのでしょうか?

    よろしくお願いします。

    • yujiyuji より:

      スタイルシートにコピペするコードの中で、一番下にある部分が、PVなどを非表示にしています。

      div.admin-pv{/*閲覧数を非表示*/
      display:none;
      }

      以上の部分を削除してみてください。

      もし改善できませんでしたら、改めて連絡していただけたらと思います。

  2. さくら より:

    該当部分を削除したところ、PVが出てくるようになりました。
    その他のパーツのカスタマイズについても参考にさせていただきます。

    この度は素人質問にお答えいただき、ありがとうございました!

    • yujiyuji より:

      お役に立てて何よりです。
      その他にも質問などありましたら、コメント・お問い合わせフォーム・TwitterDMで気軽にどうぞm(__)m

  3. デノ より:

    こんにちは。
    こちらのページを参考にさせていただきカスタマイズをし、とても素敵なサイトが作れました。
    ありがとうございます!

    一点だけ質問なのですが、トップページから見るとアイキャッチ画像の上下左右が切り取られ、真ん中だけ表示されてしまいます。
    記事中タイトル下のアイキャッチ画像は正しく表示されているのですが……
    使用している画像サイズは1200*630です。
    対処法などあれば教えていただけると嬉しいです。

    お忙しい中恐縮ですがよろしくお願いします。

    • yujiyuji より:

      コメントいただき、ありがとうございます。
      アイキャッチ画像を全表示する場合は、以下の変更を試してみてみてください。
      (※コードを変更する場合は、該当箇所以外を消さないように気を付けてください。)

      【変更点】
      コード内には『/*サムネイル大きさ*/』と書かれた箇所が6か所あります。
      その箇所の後ろにはセットで必ず、『max-height:XXXpx;』とあるので、こちらを削除してみてください。

      具体的には、以下のようになります。

      【変更前】
      /************************************
      **** インデックス
      ************************************/
      a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf{/*カード本体*/
      padding:0 0 .5em;
      border-radius:10px;
      width:48%;
      margin-bottom:2em;
      }
      figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{/*サムネイル大きさ*/
      max-height:150px;
      border-radius:10px 10px 0 0/ 10px 10px 0 0;
      overflow:hidden;
      display: flex;/*位置をflexで中心に*/
      justify-content: center;
      align-items: center;
      }
      .e-card-thumb .cat-label{/*カテゴリラベルを右に寄せる*/
      margin-left:.8em;
      }
      @media screen and (max-width: 1100px){/*サムネイル大きさ*/
      figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{
      max-height:120px;
      }}
      @media screen and (max-width: 1023px){/*サムネイル大きさ*/
      figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{
      max-height:180px;
      }}
      @media screen and (max-width: 900px){/*サムネイル大きさ*/
      figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{
      max-height:160px;
      }}
      @media screen and (max-width: 750px){/*サムネイル大きさ*/
      figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{
      max-height:130px;
      }}
      @media screen and (max-width: 600px){/*サムネイル大きさ*/
      figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{
      max-height:250px;
      }
      a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf{/*画面幅600pxまで、1カラムにする*/
      margin:.5em 1em!important;
      }
      .ect-vertical-card .entry-card-wrap {
      width: 95%!important;
      }
      }

      以上の箇所を、

      【変更後】
      /************************************
      **** インデックス
      ************************************/
      a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf{/*カード本体*/
      padding:0 0 .5em;
      border-radius:10px;
      width:48%;
      margin-bottom:2em;
      }
      figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{/*サムネイル大きさ*/
      border-radius:10px 10px 0 0/ 10px 10px 0 0;
      overflow:hidden;
      display: flex;/*位置をflexで中心に*/
      justify-content: center;
      align-items: center;
      }
      .e-card-thumb .cat-label{/*カテゴリラベルを右に寄せる*/
      margin-left:.8em;
      }
      @media screen and (max-width: 600px){
      a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf{/*画面幅600pxまで、1カラムにする*/
      margin:.5em 1em!important;
      }
      .ect-vertical-card .entry-card-wrap {
      width: 95%!important;
      }
      }

      このように変更してみてください。

      以上の方法で上手く表示されない場合は、再度コメントしていただけたらと思います(^^)/

      • デノ より:

        お返事遅れてしまいすいません!
        今試したところ上手くいきました!ありがとうございます。
        もう一つ質問なのですが、cocoon設定の高速化のCSS縮小化をチェックすると、サイトヘッダーロゴとサムネイル画像が表示されなくなってしまいます。
        私のコピペミスの可能性が高いかな……と思うのですが、どこが間違っているのかも見当がつきません。
        CSSに記入した内容としては、こちらのサイトの『ヘッダーとインデックスカードのカスタマイズ』6点すべてと、『サイドバーのカスタマイズ』3点すべてです。
        何か考えられる原因などありましたら教えていただけると嬉しいです。
        申し訳ありませんが、お時間あるときで構いませんのでよろしくお願いします。

        • yujiyuji より:

          yujiblogでも同様の設定で運用していますが、こちらでは特に問題は起きていないです。

          コード圧縮のサービスは数多くありますが、利用時の認識として『圧縮後のコードを100%信用しないこと』が前提となっているようです。
          なので、デノさんのおっしゃる通りCSS縮小の段階で不具合が起きているかもしれないです。

          実際にCSSを見ないことには原因がわからないので、よろしければTwitterDMかお問い合わせフォームからCSSをコピペして送ってみてください。
          原因が分かれば、お知らせしたいと思います。

  4. トシ より:

    いつも拝見させていただき勉強させていただいております。

    ご質問なのですが、PC表示2カラムでスマホで1カラムになりますが、スマホでも2カラム表示はできますでしょうか?

    こんな時期に大変恐縮ですがご回答いただければと思います。

    • yujiyuji より:

      コメントいただき、ありがとうございます。
      スマホ表示時に2カラムにするには、以下のようにコードを変更してください。
      変更点は2か所あります。

      変更点①はこちら↓↓

      【①変更前】
      @media screen and (max-width: 600px){/*サムネイル大きさ*/
      figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{
      max-height:250px;
      }
      a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf{/*画面幅600pxまで、1カラムにする*/
      margin:.5em 1em!important;
      }
      .ect-vertical-card .entry-card-wrap {
      width: 95%!important;
      }
      }

      【①変更後】
      @media screen and (max-width: 600px){/*サムネイル大きさ*/
      figure.entry-card-thumb.card-thumb.e-card-thumb{
      max-height:250px;
      }
      }

      変更点②はこちら↓↓

      【②変更前】
      main.main, div.sidebar {/*モバイル表示などの本文全体の周りの空白にも影響している*/
      padding:0;
      }

      【②変更後】
      main.main, div.sidebar {/*モバイル表示などの本文全体の周りの空白にも影響している*/
      padding:1em;
      }

      この2点を変更してみてください。
      以上の方法で上手く表示されない場合は、再度コメントしていただけたらと思います。

  5. トシ より:

    ご返信いただきありがとうございます!
    早速やってみました。
    2カラムになったのですが、全ての記事が左側に寄り、右側には表示されません。
    縦一列左側のみです。
    大変お手数ですが、ご教授いただけたらと思います。

    • yujiyuji より:

      実際にサイトとCSSを確認したいです。よろしければTwitterDMかお問い合わせフォームからサイトURLとCSSをコピペして送ってみてください。
      原因が分かれば、お知らせしたいと思います。

      • トシ より:

        こんにちは。
        メールを送らさせていただいたのですが難しそうでしょうか?
        お手間をお掛けして大変申し訳ありませんが、それだけでもお聞き出来たらと思います。

        • yujiyuji より:

          サイト確認してみました。

          【追加変更】

          @media screen and (max-width: 480px){/*カード本体*/
          a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf{
          margin:.5em 1em!important;
          border-radius:10px;
          }
          .e-card-thumb .cat-label{/*カテゴリラベルを右に寄せる*/
          margin-left:1em;
          }}

          @media screen and (max-width: 480px){/*カード本体*/
          a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf{
          border-radius:10px;
          }
          .e-card-thumb .cat-label{/*カテゴリラベルを右に寄せる*/
          margin-left:1em;
          }}

          でいかがでしょうか?

      • トシ より:

        無事修正できました!
        一応いただいた変更部分をコメントしておきます。

        【変更前】

        @media screen and (max-width: 480px){/*カード本体*/
        a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf{
        margin:.5em 1em!important;
        border-radius:10px;
        }
        .e-card-thumb .cat-label{/*カテゴリラベルを右に寄せる*/
        margin-left:1em;
        }}

        【変更後】

        @media screen and (max-width: 480px){/*カード本体*/
        a.entry-card-wrap.a-wrap.border-element.cf{
        border-radius:10px;
        }
        .e-card-thumb .cat-label{/*カテゴリラベルを右に寄せる*/
        margin-left:1em;
        }}

        本当に嬉しく思います。。。
        お忙しい中ありがとうございました。

        • yujiyuji より:

          お役に立てて幸いです。
          その他にも質問などありましたら、コメント・お問い合わせフォーム・TwitterDMで気軽にどうぞ(^^)/

タイトルとURLをコピーしました