ブログのノウハウ

「送信されたURLが見つかりませんでした(404)」のエラー解決方法を説明します【Googleサーチコンソール】

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウを解説しています。

GoogleSearchConsoleで「送信されたURLが見つかりませんでした(404)」というエラーが検出されました。
エラーの解決方法を知りたいです。

この記事では、このようなグーグルサーチコンソールの404エラーに関する問題を解決します。

送信されたURLが見つかりませんでした(404)のエラー内容について

グーグルサーチコンソールでの404エラーは「カバレッジ」関連の問題として扱われます。

このエラーが出た場合、グーグルサーチコンソールからメールで通知されます。

僕の場合、以下のようなメールが届きました。

サーチコンソールの404エラー

このメールには「送信されたURLが見つかりませんでした(404)」というエラーが検出されたことが書かれています。

エラーの意味は?

グーグルサーチコンソールには、サイトマップを送信してブログ記事のURLを伝えています。

ここでのエラーの内容を簡潔にまとめると「サイトマップのURL一覧の中で、Googleが見つけられなかったページがありますよ」ということ。

公開したブログ記事がGoogleに見つけてもらえないということは、Google検索からのアクセスがなくなるということです。

なぜ特定のURLが見逃されてしまうのかはわかりませんが、グーグルサーチコンソールに改めてURLを登録し直すことでこのエラーは解消できます。

具体的なエラー解決方法

グーグルサーチコンソールを開きます。

「インデックス」から「カバレッジ」に進むと、このように表示されます。

ここで、404エラーに該当するページが3つあることがわかります。

赤枠部分「エラー 送信された URL が見つかりませんでした(404)」をクリックします。

詳細画面を下にスクロールすると、エラーに該当する3つのサイトのURLが表示されています。

例として「https://yujiblog.org/sublime」について検証します。

ちなみに、サイトマップには他のページと同様に「https://yujiblog.org/sublime」もきちんと表示されています。

エラー詳細画面の「https://yujiblog.org/sublime」の部分をクリックすると、右側にメニューが表示されるので「URLを検査」をクリックします。

「Googleインデックスからデータを取得しています」という画面が表示されます。

データの取得が終わると、URL検査の結果が表示されます。

「https://yujiblog.org/sublime」はGoogleに登録されたようなので、ここで「インデックスに登録をリクエスト」します。

処理画面が表示されまるので少し待ちます。

テスト処理が終了し「インデックス登録をリクエスト済み」と表示されます。

URL検査画面では「インデックス登録をリクエスト済み」になりました。
(※このリクエストが承認されるまで、数日~1週間程度かかります。)

僕の場合は、3日後にリクエスト承認メールが届きました。

このメールの内容のように、404エラーの対象になっていた3ページでの修正が確認されています。

以上でグーグルサーチコンソールの404エラーに関する問題を解決できました。

以下は、ブログ収入を伸ばしたい方へのおすすめ記事です。

多くの人に読まれる記事を書こう

yujiblogpv0120

当ブログではSEOで検索上位を獲得した結果、アクセス数が大幅に伸びました。

このような「読まれる記事の書き方」をテンプレにまとめたので、参考にしていただけたらと思います。
》ブログ記事の書き方テンプレート

アフィリエイト神ツールを使いこなそう

また、当ブログの現在の収益は月85万ほどとなっていますが、このようなブログ運営を支えてくれた「神ツール」を以下にて紹介しています。
》ブログアフィリエイトのおすすめツール15選

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

》ブログで月5万稼ぐロードマップ
》アフィリエイトの完全マップ

コメント

タイトルとURLをコピーしました