ブログのノウハウ

『送信されたURLが見つかりませんでした(404)』のエラー解決方法を説明します【Googleサーチコンソール】

こんにちは、yujiです。
このブログでは、WordPressブログ運営について詳しく解説しています。

GoogleSearchConsoleで『送信されたURLが見つかりませんでした(404)』というエラーが検出されました。
エラーの解決方法を知りたいです。

この記事では、このようなグーグルサーチコンソールの『404エラー』に関する問題を解決します。

Amazaonアソシエイトに挑戦中の方にお知らせ。
2020年3月以降、Amazaonアソシエイト審査方法が変更されました。
変更点の詳細とその攻略法を、以下の記事に詳しくまとめています。
【最新攻略法】Amazonアソシエイトの審査合格方法

【年収7ケタ突破】ブログの収益化の仕組みをすべて解説
【無料で本を聞くアプリ】オーディオブックで年間100冊読む方法

『送信されたURLが見つかりませんでした(404)』のエラー内容について

グーグルサーチコンソールでの404エラーは「カバレッジ」関連の問題として扱われます。

このエラーが出た場合、グーグルサーチコンソールからメールで通知されます。

僕の場合、以下のようなメールが届きました。

このメールには「送信されたURLが見つかりませんでした(404)」というエラーが検出されたことが書かれています。

【解説】エラーの意味について

グーグルサーチコンソールには、サイトマップを送信してブログ記事のURLを伝えています。

ここでのエラーの内容を簡潔にまとめると「サイトマップのURL一覧の中で、Googleが見つけられなかったページがありますよ」ということ。

公開したブログ記事がGoogleに見つけてもらえないということは、Google検索からのアクセスがなくなるということです。

なぜ特定のURLが見逃されてしまうのかはわかりませんが、グーグルサーチコンソールに改めてURLを登録し直すことでこのエラーは解消できます。

具体的なエラー解決方法

グーグルサーチコンソールを開きます。

「インデックス」から「カバレッジ」に進むと、このように表示されます。

ここで、404エラーに該当するページが3つあることがわかります。

赤枠部分「エラー 送信された URL が見つかりませんでした(404)」をクリックします。

詳細画面を下にスクロールすると、エラーに該当する3つのサイトのURLが表示されています。

例として「https://yujiblog.org/sublime」について検証します。

ちなみに、サイトマップには他のページと同様に「https://yujiblog.org/sublime」もきちんと表示されています。

エラー詳細画面の「https://yujiblog.org/sublime」の部分をクリックすると、右側にメニューが表示されるので「URLを検査」をクリックします。

「Googleインデックスからデータを取得しています」という画面が表示されます。

データの取得が終わると、URL検査の結果が表示されます。

「https://yujiblog.org/sublime」はGoogleに登録されたようなので、ここで「インデックスに登録をリクエスト」します。

処理画面が表示されまるので少し待ちます。

テスト処理が終了し「インデックス登録をリクエスト済み」と表示されます。

URL検査画面では「インデックス登録をリクエスト済み」になりました。
(※このリクエストが承認されるまで、数日~1週間程度かかります。)

僕の場合は、3日後にリクエスト承認メールが届きました。

このメールの内容のように、404エラーの対象になっていた3ページでの修正が確認されています。

以上でグーグルサーチコンソールの404エラーに関する問題を解決できました。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【年収7ケタ突破】ブログの収益化の仕組みをすべて解説
【無料で本を聞くアプリ】オーディオブックで年間100冊読む方法

【初公開】独学で英会話が上達する『5つ』のシンプルな勉強法
【実証済み】未経験者の僕が、独学でプログラミングを習得できた勉強法

コメント

タイトルとURLをコピーしました