【簡単】ブログ運営に必要なプログラミングは、すべて独学可能です

こんにちは、yujiです。
このブログではフリーランスの僕が、パソコン1つで生きていく方法について詳しく解説しています。

ブログ運営に必要なプログラミングスキルって、何ですか?
WEBデザインの独学はできますか?

以上のような、ブログなどのWEB制作を独学で学びたい人の質問に答えます。

僕は、独学でプログラミングを習得しました。

そのスキルを記事にしてシェアした結果、yujiblogはWordPress/CocoonでのWEB制作をしたい人向けに、よく検索されるブログとなりました。

cocoon検索1位

おかげさまで検索上位をキープしつつ、順調にアクセス数が伸びています。

そこでこの記事では、プログラミング未経験の僕が、独学でWEB制作を学んだ方法について、詳しく解説していきます。

プログラミングは難しいイメージがあると思いますが、「独学でもcssを極められる」ということが伝わればと思います。

【実証済み】未経験者の僕が、独学でプログラミングを習得できた勉強法

ブログ運営に必要なプログラミングスキルは「css」だけです

一般的に、WEB制作には「php」「html」「JavaScript」「css」などのプログラミングスキルが必要だと言われています。

ですが、この記事で紹介するのは「css」だけでOKという勉強法です。

【ブログ初心者向け】 CSS(スタイルシート)とは?【プログラミング知識をていねい解説】

面倒なプログラミングは、WordPressでカバーできる

すでにブログを立ち上げている人なら知っていると思いますが、あえて説明すると、WordPressでサイトを運営していく場合、プログラミング技術はほとんど必要ありません。

php⇒WordPress/CocoonでOK
JavaScript⇒WordPress/CocoonでOK
html⇒ビジュアルエディタでOK

このように、面倒なプログラミングは、ほとんどWordPressが担ってくれています。

WordPressコードエディタ

コードエディタ(htmlで書いていく)

WordPressビジュアルエディタ

ビジュアルエディタ(日本語で書いていく)

例えば、WordPressのビジュアルエディタを使えば、htmlコードを入力しなくてもブログ記事を書いていくことが可能です。

なので、自分の好きなようにデザインを変えていきたい部分だけ「css」で整えていけばいいわけです。

プログラミングの必要ないブログサービスは、おすすめできません

ちなみに、プログラミングスキルの必要ないブログサービスもあります。

アメブロやライブドアブログ、はてなブログなどは「css」だけでなく「サーバーの管理」すらいらないですね。

ですが、アフィリエイトするならWordPress一択です。ここについては別の記事で詳しくまとめています。
WordPressブログを選ぶべきシンプルな理由とは?

それに、ブログで稼ぐなら自分で好きなデザインに変更できるのが必須だと思うので、その面でも「css」を編集できるWordPressの方がいいですね。

「css」を書けるメリットとは?

ブログデザインができると、収益がアップする

これは僕の体感でしかないのですが、デザインが洗練されたブログは、読者の満足度が高いです。

逆に、デザインの整っていないブログは、記事の内容に問わず、何かと読まれにくいといった印象です。

というのも、デザインに一貫性がないと「ちゃんとしてないな」というふうに見られて、ブログの信頼性が下がるんですよね。

文字がごちゃごちゃしていたり、画像がうまく表示されていなかったり、最低限のマナーができていないブログは売り上げに繋がらないと思います。

そのため僕は「読みやすいブログ」にすることを徹底するために、プログラミングを学びました。

そして、年収7ケタのブログにすることができました。

オリジナルのサイトデザインも、作成可能

こちらもブログのPVや収益につながる話ですが、他のブログとビジュアルがかぶっていると、記事が読まれにくいです。

例えば、人気のWordPressテーマを使っていると、テンプレのままではオリジナルな雰囲気が出ません。

そこでcssを触れるようになると、デザインの気になる部分を自分好みに変更可能になります。

・ブログ全体の雰囲気を整えたい。
・独自性のあるデザインにしたい。
・読みやすいレイアウトにしたい。

こういった目的があるときに、yujiblogで紹介しているcssコードをもとに、自分なりに変えていくことも可能です。

【コピペでOK!】ブログ初心者でもできる『Cocoonカスタマイズ』の完全マニュアル

cssは、自分で書けるようになることが大事

例えば、どうしても気になるWEBデザインがあるときは、サイト運営者の方に質問すればOKです。

というのも、検証ページでコードをチェックしても、どうしてもデザインの全体像を確認しきれない部分があるからです。

とはいえ、いちいち質問していたら作業の手が止まってしまいますよね。
なので、自分がひらめいたタイミングでサクっとデザインを作れるのに越したことはないです。
それだけで、毎回のように作業効率があがります。

さらに、記事の執筆に使える時間も増えるので、ブログを運営をしていくなら「css」を覚えておいた方がいいかと思います。

「css」は独学できる

僕が独学でプログラミングを学んだというと「パソコン系が得意なんですね」なんて言われたりします。

ですが、実は僕ぐらいのレベルであれば、独学でプログラミングを学びつつ、すぐにWEBデザインができるようになります。

繰り返しになりますが、WordPressブログに必要なプログラミングスキルは「css」のみで、これは独学での習得が可能。

サイト運営に必要だと言われている「php」や「html」は、全くと言っていいほど必要ありません。

本当に独学でも、成長し続けられる?

僕も含めてですが、プログラミングをしている人のほとんどが、毎日少しずつ成長しています。

・こんなデザインにしたい、というプランがある
・必要に応じて、学びながらコードを組み立てる
・初めて目にするコードを使っていくうちに、少しずつ成長

このようなイメージです。

プログラミングは常に正解か不正解の2択なので、失敗がわかりやすい。
つまり、正解や不正解を実験的に試しながら学んでいくので独学可能、というわけです。

どこから勉強し始めればいいのか、わからないときは、、、

プログラミングの独学で一番最初に出てくる悩みは、「プログラミング学習を始めたいけれど、どこから手を付ければいいのかわからない。」ということです。

僕も、勉強し始めた頃は本当に戸惑って、遠回りばかりしていました(*_*)

そこで、プログラミング未経験だった僕が独学を達成できた勉強法を、以下の記事でまとめています。

記事の内容としては、「具体的な独学の手段」「やってはいけない勉強法」など、僕の経験談をベースにしているので、これからプログラミングを学ぶ方の参考になるかと思います。

未経験者の僕が、独学でプログラミングを習得できた勉強法【実証済みです】

WEB制作に必要なプログラミングは、本腰を入れれば1か月で習得可能です。

なのでこの記事でも紹介したように「css」だけでもサクっと勉強して、そしてひたすらブログ記事を執筆しましょう。

僕の場合はサイトデザインを整えつつ、記事数を増やしていくことで、自動的に検索順位もPVも伸ばしていくことが可能になりました。

また、独学の時間がない場合は、スクールで質問しながら勉強をするのもアリです。

【CSS/HTML】Web制作の基礎が学べる、おすすめのプログラミングスクール【5選】

この記事で伝えたいことは以上になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました