【Audibleで聴き放題できる?】AudibleStationを聴いてみた感想と『audiobook.jp』聴き放題プランとの違いについて解説。

こんにちは、yujiです!このブログでは、オーディオブックを年間100冊以上聞いている僕が「本を聴く生活」について詳しくまとめています。

・Audibleの聴き放題プランを使いたい。
・Audibleをお得に使いたい。
・audiobook.jpの聴き放題プランとの違いを知りたい。

この記事を読めば、以上のようなAudibleの聴き放題プランに関する疑問がすべて解決します。

年間100冊以上のオーディオブックを聴いている僕は、日ごろからAudibleを最大限に活用しています。

この記事の前半では、Audibleの聴き放題プランについての情報を網羅的にまとめています。

また後半では、AudibleStationで聴き放題を楽しむ方法と、人気オーディオブックサービス『audiobook.jp』聴き放題との違いを詳しく解説しました。

この記事を読むことでAudibleの便利さやメリットを理解して、良質なオーディオブックを楽しんでいただけるようになるかと思います。

「まずは、Audibleとはどんなサービスなのかを軽く説明します。」

【Audible】0円でできることすべてと、月額料50%OFFのお得な使い方を公開します。
【Audibleは何回でも返品・交換可能】詳しい手順と注意点をわかりやすくまとめました。
【Audibleの料金はいくら?】他社との比較や、お得にオーディオブックを聴く方法をすべて解説します。
Audibleを年間100冊以上聴きこんだ僕が、使ってみた感想をまとめます。

Audible(オーディブル)とは?

audibleとは?

Audibleとは?

Audible(オーディブル)とは、Amazonが運営する本の朗読を聞くオーディオブックサービスのことです。

オーディオブック自体は欧米ではカセットテープやCDなどで販売され、古くから人気がありますが、近ごろは日本でもシェアが急速に拡大し、音声コンテンツでのインプットを選ぶ人が増えています。

米国の富裕層200人を対象とした追跡調査によると、63%が通勤時間にAudibleを利用しており、その中にはビルゲイツやイーロンマスク、オバマ前大統領などの著名人も含まれています。

Audibleでできること。

オーディオブックサービスのAudibleがシェアを伸ばしている背景には『スキマ時間を有効に使える』というポイントが大きく影響しています。

例えば、以下のような使い方が可能です。

Audibleでできること。
・朝、身支度をしながら聴く。
・車での移動中に聴く。
・家事をしながら聴く。
・トレーニングをしながら聴く。
・散歩をしながら聴く。
・布団に入りながら聴く。

このように日常のあらゆるシーンで、ちょっとしたスキマ時間に密度の濃いインプットができることがAudibleが人気の理由のひとつです。

また、本のラインナップにはビジネス本・自己啓発本が多く、さらに英語学習教材や日経ビジネスなどの音声データも配信されており、読書で人生を豊かにしたい人のニーズに応えたコンテンツが多い印象です。

どれだけ忙しい人でも、Audibleで年間100冊以上の読書が可能。

読書は誰にとっても一番の自己投資方法ですが、スキマ時間にAudibleでインプットすることで、大幅に自己投資の効率が上がります。

どれだけ忙しくても、電車や車で移動中や、家事をしながらなど、少なくとも1日60分のスキマ時間を確保可能。

このスキマ時間でのインプットを習慣化すると、1日1冊ペースで聴いていくこともできてしまいます。

「続いて、気になるAudibleの聴き放題プランについて解説します。」

現在、Audibleには聴き放題プランはありません。

audibleに聴き放題プランはありません。

1冊でも多くのオーディオブックを聴きたい人にとっては残念ですが、Audibleには聴き放題プランはありません。

以前まではAudibleでも聴き放題プランが展開されていましたが、現在は以下のような「コイン制」に変更されています。

Audibleのコイン制について。
①月額1500円のコイン制。
②購入したオーディオブックの返品交換が可能。
③登録で1冊プレゼント。

Audibleは現在、このようなシンプルなシステムにまとめられています。

実際にコイン制に切り替わったときのユーザーの反応は、以下の通り。

コイン制へのユーザーの反応。
・聴き放題よりもラインナップの質が上がった。
・有益な本のおトク感が高い。
・繰り返し熟読したいオーディオブックのみを手元に置けるようになった。
・登録で1冊プレゼントが嬉しい。

このように、聴き放題プランよりも「コイン制」に好感を持つ人が多い印象です。

以下では、Audibleのコイン制などのシステムについて詳しくまとめていきます。

「まずは、Audibleのコイン制について解説します。」

①Audibleは月額1500円のコイン制。

audibleのコイン制について。

Audible会員のコイン制について簡単にまとめると、以下のようになります。

Audible会員のコイン制
・月額1500円。
・毎月1つ付与される「コイン」でオーディオブックを購入。
・購入したオーディオブックは退会後も自分のもの。
・手持ちのコインを使い切った場合、一般価格の30%オフで購入可能。
・手持ちのコインを使わなかった場合、翌月に繰り越し。

要するに、毎月1冊目はどんなオーディオブックでも1500円。2冊目以降は30%オフで購入ということです。

つまり、高品質・高価格なオーディオブックを選べば圧倒的にお得なプランです。

Audibleコインの使い方と返品制度を詳しく解説します【有効期限と退会時には要注意!】

「次は、Audibleの返品交換についてです。」

②Audibleは購入したオーディオブックの返品・交換が可能。

コインでオーディオブックを購入。それから実際に聴いてみて「イメージと違ったなぁ」という場合は、気軽に交換することができます。

できればオーディオブック選びは失敗したくないところなので、返品・交換システムが安心です。

Audibleの返品・交換について
・10回程度まで交換できる。
・返品期限は365日以内。
・返品手続きを済ませるとコインがアカウントに戻る。
・戻ったコインを使って、再度オーディオブックを購入可能。
・返品交換は会員のみ。

以上のような会員特典で、Audibleのライブラリーは質の高いものになっていきます。

※あくまで購入したオーディオブックが自分に合わなかった場合に役に立つので、聴き放題のようにして使うのはやめましょう。

Audibleを実際に返品・交換した記事はこちら。

【Audibleは何回でも返品・交換可能】詳しい手順と注意点をわかりやすくまとめました。

③登録で1冊プレゼント。

Audibleは登録時の特典として、初月無料のキャンペーンをしています。

無料登録後すぐにコインが付与されるので、本当に1冊まるまる無料でもらえます。

登録後すぐに退会もできるので、オーディオブックをお試しで聴いてみたい人にも嬉しいキャンペーンとなっています。

【Audible】0円でできることすべてと、月額料50%OFFのお得な使い方を公開します。

以上がAudibleのコイン制です。

そんなAudibleには聴き放題プランはありませんが、会員限定の『AudibleStation』では限定コンテンツが無料で公開されており、無制限で楽しむことができます。

「続いて、Audibleの聴き放題コンテンツ『AudibleStation』について紹介します。」

AudibleStationで限定コンテンツが無料で聴き放題。

AudibleStationとは?

AudibleStation(オーディブルステーション)では、ビジネスの要約本やニュース、お笑い、落語、ヒーリングといったコンテンツが毎日配信されています。

会員限定で公開されており、良質なオリジナル音声データが無料で聴き放題です。

ビジネスに役立つAudibleStation聴き放題を紹介【全6チャンネル】

AudibleStation

以下では、ビジネスに役立つAudibleStationチャンネルをまとめました。

無料とは思えないコンテンツが数多くあるので、厳選して紹介します。

WEEKLY OCHIAI
落合陽一氏のブレスト会議を公開。

NewsPicksアカデミア
第一線の実践者によるオンライン講義、イベント、ゼミ、書籍、記事を公開。

ホリエモンチャンネル For Audible
YouTube動画「ホリエモンチャンネル」の未公開部分の音声抜粋版!

20分で聴けるビジネス書チャンネル Powered by Flier
「今読むべきビジネス書」を1冊約20分で聴けるFlier(フライヤー)が無料公開。

World Newsチャンネル
世界のニュースを英語でお届け。

Japan Newsチャンネル
日本の身近なニュースを英語でお届け。

YouTubeやNewsPicksなどで有料公開されているコンテンツが聴き放題なので、絶対におトクです。

また、英語配信のコンテンツでは実用的な英語学習も可能です。

その他、文学・ヨガ・お笑いなど【全10チャンネル】

AudibleStation

AudibleStationには、ビジネスに役立つコンテンツのほかにも、文学・ヨガ・お笑いなどのチャンネルも配信されています。

ATOMチャンネル
講談社のコミュニケーション・ロボットATOMのチャンネル。

瞑想ヨガチャンネル Powered by Yoggy
健康的な生活を送るためのオリジナル瞑想ヨガ。

Yogaチャンネル
ローラ・アーレンスによるAudibleオリジナルのYogaレッスン。

メディテーションチャンネル Powered by 渡邊愛子
渡邊愛子プロデュースの、究極の瞑想用コンテンツ

Audible文学チャンネル
伊集院静と阿川佐和子のトーク番組。

短編文学チャンネル Powerd by Amazon Publishing
audible限定の人気作家のオリジナル短編集。

落語チャンネル Powered by 桂文我
桂文我(4代目)師匠による落語10演目が無料公開。

よしもと芸人音声データ
東野幸治がMCを務めるAudible限定の対談番組。

木村祐一のリアルタイムクッキング
木村祐一がオリジナル料理の作り方を紹介。

よしもと音声研究所
千鳥、ロバート、和牛がお届けするオリジナル企画番組。

このすべてが無料で聴き放題なので、Audibleのある生活をより充実したものにできます。

AudibleStationの聴き方。

AudibleStationの聴き放題コンテンツは、通常のオーディオブックを購入するのと同じ手順で視聴します。

AudibleStationの聴き方

Audibleアプリのホームから「AudibleStation」で視聴したいコンテンツを選択します。

AudibleStationの聴き方

コンテンツの詳細ページに移り「このシリーズを購読する」をクリック。

AudibleStationの聴き方

これで聴き放題コンテンツの購入(0円)は完了。「ライブラリー」から端末にダウンロードしていつでも聴くことができます。

以上がAudibleの聴き放題についてのかんたんな解説です。

「後半では『audiobook.jp』の聴き放題プランとの比較をしてみたいと思います。」

『audiobook.jp』聴き放題プランとの違いは?

『audiobook.jp』の聴き放題プランとは?

人気オーディオブックサービスの『audiobook.jp』には聴き放題プランがあります。

『audiobook.jp』の聴き放題プランは、月額750円というのが特徴。これだけ見るとAudibleの半額で好きなだけ聴けるなら、圧倒的にお得だと思うかもしれません。

しかし、『audiobook.jp』の弱点は配信数とコンテンツの質です。聴き放題の対象は1万冊のみで、ラインナップが少し弱い印象です。

『audiobook.jp』の聴き放題ラインナップをチェック。

『audiobook.jp』の月額プランとは?

ちなみに『audiobook.jp』には月額プランもあります。

『audiobook.jp』の月額プランでは、コース料金別にお得なボーナスポイントが付与されます。詳しくは以下の通り。

『audiobook.jp』の月額プランのボーナス率
・330円コース→25ポイント(7.6%)
・550円コース→60ポイント(10.9%)
・1,100円コース→120ポイント(10.9%)
・2,200円コース→250ポイント(11.4%)
・5,500円コース→1,000ポイント(18.2%)
・11,000円コース→2,450ポイント(22.3%)
・22,000円コース→6,000ポイント(27.3%)
・33,000円コース→9,000ポイント(27.3%)

このように『audiobook.jp』月額プランは最大でも27%のボーナス率なので、Audibleの2冊目30%オフと比べると少し弱い印象です。

オーディオブック数もAudibleの40万冊に対して、『audiobook.jp』は2万冊と少ないのが気になるところです。

『Audible』と『audiobook.jp』比較まとめ。

『Audible』と『audiobook.jp』の違いをまとめると以下のようになると思います。

『Audible』と『audiobook.jp』の違い
・『Audible』なら5000~10000円の高額作品でも1500円で聴ける。
・『audiobook.jp』の聴き放題はお得に見えるが、ラインナップが弱い。
・通常購入の割引率は『Audible』の方がいつでも多い。

このように『Audible』には聴き放題がないものの、それを凌駕するようなメリットがあることがわかります。

数字だけでは一概に比べることはできませんが、オーディオブックを本質的に活かしていく目的で購入するなら、Audibleで厳選した本のみをインプットしていくのがいいんじゃないかと感じています。

※あくまで個人的な感想なので、実際に使ってみると人によってはまた違った印象になるかもしれません。どちらのサービスも最上級のクオリティで、いいコンテンツが揃っています。

【2020年最新版】『Audible』と『audiobook.jp』おすすめはどっち?年間100冊以上聴いている僕が徹底解説します!

まとめ

この記事では「Audibleの聴き放題プランを使いたい。」という方向けに聴き放題プランに関する情報を網羅的にまとめました。

繰り返しになりますが、Audibleには聴き放題プランはありません。現在は以下のような「コイン制」に変更されています。

Audibleのコイン制について。
①月額1500円のコイン制。
②購入したオーディオブックの返品交換が可能。
③登録で1冊プレゼント。

このようなAudibleの便利さやメリットを理解して、良質なオーディオブックを楽しむことが可能だと思います。

『Audible』の初月無料キャンペーンページへ。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【Audible】0円でできることすべてと、月額料50%OFFのお得な使い方を公開します。
【Audibleは何回でも返品・交換可能】詳しい手順と注意点をわかりやすくまとめました。
【Audibleの料金はいくら?】他社との比較や、お得にオーディオブックを聴く方法をすべて解説します。
Audibleを年間100冊以上聴きこんだ僕が、使ってみた感想をまとめます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました