ブログのノウハウ

【最新】ブログが時代遅れではない理由と、これから後発組が稼ぐための6つのコツ

ブログが時代遅れではない理由と、これから稼ぐための6つのコツ

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

これからブログを頑張ろうと思っているのですが、ブログが時代遅れって本当ですか?
今からでも稼げるか心配です。

以上のような、ブログ運営に関する質問にお答えします。

PV画像

当ブログはコツコツ更新した結果、1年半ほどでアクセス数が大幅に伸びました。

またアフィリエイト収益も増えており、現在は毎月35万以上まで成長しました。

結論からまとめると、このように後発組でも稼げているので、ブログは時代遅れではないです。

そこでこの記事では、ブログでまだまだ稼げる理由についてまとめます。

※記事の後半では、これからの時代で稼いでいくための6つのコツも紹介しています。

ブログが時代遅れと言われる4つの理由

ブログが時代遅れではない理由と、これから稼ぐための6つのコツ

「ブログが時代遅れ」だと言われるのは4つの理由があります。

ブログが時代遅れな理由
①検索上位に表示されない
③Googleが個人ブログを評価しない
③Googleアルゴリズムの変動が多くなっている
④アフィリエイトで稼げない

以下で詳しく解説します。

①検索上位に表示されない

ブログを収益化するためには、SEOで結果を出す必要があります。

※SEOとは、Google検索の上位に表示してアクセスを増やす対策のことです。

しかし、そのSEOの難易度は年々上がっており、ブログ初心者の方は結果を出しにくくなっています。

実際、Google検索で上位表示されるのは以下のようなサイトです。

SEOが強いサイトの特徴
・企業が資金を投じて作った高性能なサイト
・政府/公的機関が書いた信頼性のある記事
・熟練ブロガーさんが書いた高品質な記事

このように、初心者ブロガーが検索結果に入る余地がないのが現状となっています。

Webメディアを持つ企業も圧倒的に増えているので「個人で稼げる時代は終わった」と感じる人が多いです。

②Googleが個人ブログを評価しない

最近のGoogleの傾向ではサイト評価基準が厳しく、検索10位以内に入るのは困難です。

Googleのサイト評価基準
・E-A-T:専門性/権威性/信頼性
・YMYL:健康やお金に関わること
詳細情報:Googleの検索品質評価ガイドライン

このように、情報の信頼性が重視されているので、個人が趣味で書いたような記事が評価されにくくなっています。

特にYMYLジャンル(金融・不動産・投資・病気・医療・美容)では「誰が書いたのか」「信頼性のあるサイトか」が厳しく見られているので、素人が収益目的だけで書いたブログは評価されません。

以前はキーワードさえ盛り込めば上位に入れたので、現在は稼ぐのが難しくなったと言われています。

③Googleアルゴリズムの変動が多くなっている

ブログが稼げないと言われる理由は、Googleのアルゴリズムの変化が激しくなったからです。

ここ数年、Googleのアップデートが頻繁に行われ、検索順位が安定しにくい傾向があります。

そこでアフィリエイトが検索順位に影響されやすいので、稼げなくなる人も出てきています。

(※質の高いサイトは検索上位をキープできており、賢くなった検索エンジンに評価されればブログで稼げます。)

つまり昔のブログとは違い、現在はコンテンツ力が必要になっています。

④アフィリエイトで稼げない

以下は、アフィリエイトマーケティング協会の2020年の調査です。

ブログが稼げないからやめた方がいい理由アフィリエイト・プログラムに関する意識調査 2020年

これはブログアフィリエイトをしている人の1か月間の収入ですが、月収1000円に届かない人が48.2%となっています。

また収益を伸ばしている人から見ると、

・これまで:「記事を量産するだけで簡単に稼げた!」
・最近の傾向:「今までの稼ぎ方が通用しない…」

というように、昔とは違って難易度が上がっている感があります。

つまり今のブログは、稼ぎ方を学んで戦略的に進める必要性が出てきています。

以上が、ブログが時代遅れと言われる4つの理由です。

まとめると「これまでに比べて難しくなっている」というだけで、質の高いコンテンツを作ればまだまだブログで稼げます。

そこで以下では、ブログが時代遅れじゃない理由もまとめます。

時代遅れのブログでも稼げる4つの理由

ブログが時代遅れではない理由と、これから稼ぐための6つのコツ

ここからは、まだまだブログで稼げる理由をまとめます。

基本的に、ブログは月5万~10万なら簡単に達成できます。

副業としても継続しやすく、手軽に始めるには最適なビジネスです。

ブログが時代遅れではない理由は、以下の通りです。

時代遅れのブログでも稼げる理由
①アフィリエイト市場が伸びている
②資産化できる
③テキストはニーズがなくならない
④自己ブランディングできる

以下で詳しく解説します。

①アフィリエイト市場が伸びている

まずアフィリエイト市場自体が伸び続けており、今後さらに追い風が吹いていきます。

アフィリエイト広告費の増加『アフィリエイト市場は今後も拡大を続け、2024年度の国内アフィリエイト市場規模は4,951億円まで拡大すると予測する。』
矢野経済研究所

このように、企業の広告費がネットに流れてきているので、メディアとしてのブログの価値が再認識されています。

正しい方向で努力ができれば、これまで以上に稼ぐことも可能です。

②資産化できる

ブログは書いた記事が積み重なるので、継続的に稼ぎ続けてくれる資産になります。

稼ぎにくくなったとはいえ、小さい収益が積み重なると、それは安定した収入です。

また、ブログで得られるスキルも資産として考えることができます。

ブログのスキル
・WordPress運用
・Webライティング
・Webマーケティング
・ブログラミング
・SEO
・SNS運営
・集客力
・企画力
・アウトプット力

このようなスキルは失うことはないので、将来の支えになります。

実際、WordPressを使えるだけでも貴重な人材なので、ブログ経験があればライターとしても副業を始めやすいです。

また、文章を書く=自分の考えをアウトプットする力も身に付くので、会社員として役立つ力も身に付いています。

③テキストはニーズがなくならない

ブログはテキストが中心のメディアなので、需要がなくなることはありません。

テキストにニーズがある理由は、以下の通りです。

ブログにニーズがある理由
・情報が使いやすい(コピペや検索など)
・映像や音声よりも主体的にインプットできる
・好きなペースで読める

このように情報を扱うなら文章が強く、必ずニーズがあります。

テキストのメリットを考えると、ブログは時代遅れにはなりません。

④自己ブランディングできる

現在のブログの役割は、SEOとアフィリエイトだけではありません。

これからの時代は、ブログで個人の影響力を高めていくことがおすすめ。

本名やペンネームを全面に出すことで、ブログの成長がそのまま個人のブランディングに繋がります。

名前が認知されるメリットは大きく、

・SNSなどでのサイテーションに繋がる(話題に上がりやすい)
・発信場所を変えても個人の影響力を引き継げる
・ブログからのビジネス展開がしやすくなる

といった効果があります。

そして、以下のように個人のスキルを活かして作った商品も販売できます。

自分で作った商品の例
・有料note
・WEB制作依頼
・ハンドメイド商品
・プログラミング教材
・アフィリエイト教材
・プログラミング依頼
・オリジナルブランドの商品
・ブランドとのコラボで商品
・マーケティングのコンサル依頼

このように、ブログを軸に展開することが可能なので、ブログはむしろ必須のツールです。

以上が、時代遅れのブログでも稼げる4つの理由です。

続いて、これからの時代にブログで稼ぐ方法をまとめます。

これからの時代にブログで稼ぐ6つのコツとは?

ブログが時代遅れではない理由と、これから稼ぐための6つのコツ

ここからは、今後の時代に個人がブログで稼ぐためのコツをまとめます。

これからの時代にブログで稼ぐコツ
①検索意図に応える
②ロングテールキーワードを狙う
③検索キーワードをずらす
④実体験を語る
⑤本業の領域を発信する
⑥SNSを使う

以下で詳しく解説します。

①検索意図に応える

これからブログで稼ぐ場合でも、SEOは必須です。

そこで、まずは読者の検索意図に120%応えられる記事を書きましょう。

読者は自分が求める情報に出会ったときに、価値を感じます。

そこで、

・顕在ニーズ:キーワードを検索した直接の目的
・潜在ニーズ:一歩踏み込んで、さらに知りたい情報

といったニーズに合わせた記事を書くことで、読者の満足度が高まります。

そして、こうした記事はGoogleからも高評価となるので、コンテンツの質を上げることが重要です。

検索ニーズについては【具体例あり】ブログの文章構成を考える6つの手順の中で具体例で解説しています。

②ロングテールキーワードを狙う

ブログ記事を書いていくうえで重要なキーワードが、ロングテールキーワードです。

ロングテール

このようにロングテールキーワードは3つ以上の単語でできていて、検索数が少ないのが特徴です。

ロングテールキーワードでコンテンツを作成するメリットは、以下の通りです。

ロングテールキーワードで記事を書くメリット
・3つ以上の単語でできている
→検索ニーズがわかりやすく記事が書きやすい
・検索数が月間で100~500程度
→企業が狙わないので上位を狙いやすい
・読者のモチベーションが高い
→収益に繋がりやすい

このようにロングテールキーワードで記事を書くことは、個人がSEOを攻略するための最短ルートとなっています。

また、ロングテールキーワードの中でも、収益性の高いキーワードがあります。

例えば、1か月に1回しか読まれないような記事でも、それが今すぐ買おうと決めているユーザーの検索なら、商品は売れます。

大手企業のサイトは採算性の合わないキーワードに記事を出せないので、こうした小さいニーズを拾えるのが個人の強みです。

また、読者のコアな悩みを拾うには、検索順位ツールが役に立ちます。まずは無料で使えるGRCを導入すればOKなのでSEO検索順位チェックツールGRCの使い方からどうぞ。

③検索キーワードをずらす

人気のある検索キーワードからあえてずらすことで、競争を避けることができます。

ずらしの例①
「○○ レビュー」「○○ 口コミ」だと競合多い

「○○ 感想」だと競合が少ない
ずらしの例②
「○○ 激安」だと競合多い

「○○ セール」「○○ 最安値」だと競合が少ない

このように、実際にキーワードを検索して競合を調査すると、狙い目のキーワードを見つけることができます。

④実体験を語る

個人ブログの強みは、実体験を語れることです。

個人ブログの強み
・ユーザーレビューに強い
・商品のデメリットをはっきり書ける
・完全にオリジナルの記事を書ける

このように、個人だからこそ書けるコンテンツがあります。

個人が企業にブログで勝つためには、同じ土俵で戦う必要はありません。

実体験で独自性を出しつつ、検索結果にいい影響を与える戦略がおすすめです。

⑤本業の領域を発信する

個人がブログを伸ばすためには、本業で扱っているジャンルについての発信がおすすめです。

※もしくは、誰にも負けないくらい好きなことを記事にするべきです。

具体的には、

・本業で苦労して学んだ技術
・趣味を極めて見つけたノウハウ

で価値ある情報発信をしましょう。

ブログでは、読者に圧倒的に価値提供をした後に収益が発生します。

そのため、専門性が高くネタ切れにもなりにくい「本業を生かした副業ブログ」がおすすめです。

⑥SNSを使う

これからの時代にブログを伸ばすためには、SNSとの連携が重要です。

SNSを使うメリットは、以下の通りです。

SNSを使うメリット
・ブログへの安定した流入が期待できる
・読者のニーズを知ることができる
・新しい読者を獲得できる

このように、SEOのためのメリットを生み出すことができます。

また、SNSではただフォロワーを増やすのではなく、ブログを読む見込みのある人のみをターゲットにしてください。

SNSの繋がりは、量よりも質が優先することで、SEO+SNSの相乗効果を生み出せます。

そしてTwitter・YouTube・Instagram・Pinterestなどありますが、おすすめはTwitterです。

僕もこのように普段からつぶやいてますので、フォローしていただけると励みになります。

以上が、これからの時代にブログで稼ぐ6つのコツです。

最後に、これからブログをやる意味と、ブログの始め方についてまとめます。

今からでもブログをやるべき理由とは?

ブログが時代遅れではない理由と、これから稼ぐための6つのコツ

これからの時代に個人がブログを書くべき理由は、情報発信の基盤を持てるからです。

まずブログは、記事の中で商品を販売することができるので、副業として稼ぐことが可能です。

また、デザイナーがポートフォリオを公開するなど、本業に繋げるためにビジネス目的で発信することもできます。

このようにブログを中心に置くことで、SNSやメルマガでの展開がしやすくなります。

また、ブログを運営することそのものが、個人で発信するための勉強にもなります。

個人がブログを書くメリット
・努力が収入に繋がりやすい
・武器になるスキルが身に付く
・ブログが名刺代わりになる
・情報発信力がつく

このように、ブログ=自分の基盤を育てることになるので、今からでも始める意味は大きいです。

そこで以下では、ブログの簡単な開設方法を紹介します。

ブログ立ち上げの手順はこちらです。

ブログの始め方
①レンタルサーバーを借りる
②WordPressテーマをインストールする
③記事を書き始める

1つずつ詳しく解説していきます。

※ちなみに、ブログを収益化するならWordPress(有料)で始める必要があります。WordPressのメリットやデメリットが気になる方は【比較】WordPressと無料ブログどっちがおすすめ?で解説しています。

①レンタルサーバーを借りる

レンタルサーバーとは、Webサイトのデータ保存場所のことです。

個人ブログの場合は、書いた記事をレンタルサーバーに保存しておくことで、初めてインターネット上に公開されます。

また、基本的にレンタルサーバーを選べばWordPressは付いてくるので、手順自体はすごく簡単です。

レンタルサーバー選びは重要なのでブログアフィリエイトにおすすめのレンタルサーバー5選を参考に選んでいただけたらと思います。

おすすめは、当ブログでも使っているエックスサーバーです。

②WordPressテーマをインストールする

レンタルサーバーを借りてWordPressを設定できたら、WordPressテーマをインストールします。

WordPressテーマを使うと、好みのデザインを選ぶだけで、ブログの見た目が簡単におしゃれに仕上がります。

また、SEO対策も強化されるので、Web知識のない方でも読まれるブログを書くことができます。

WordPressの運用に必要なノウハウは、テーマの導入でほぼ全て解決できるので【最新版】SEOに強いおすすめWordPressテーマ16選から選んでください。

テーマの導入が終われば、すぐに記事を書き始めることができます。

③記事を書き始める

WordPressテーマを導入したら、実際にブログ記事を書いていきます。

ブログは読者に情報を届けるためのツールです。

そこで、しっかり有益な情報を伝えると以下のようなメリットがあります。

有益な情報を書くメリット
・Googleに評価され検索位順が上がる
・ファンが付くので継続的に読まれるようになる
・アクセス数が増えるので売り上げがアップする

このように、ブログで稼ぐなら上手に文章を書いていくことが必須です。

そこで、ブログの書くべき内容についてはブログに何を書けばいい?初心者の悩みを解決する4つのポイントで基本から解説していますので、参考にしていただければと思います。

また、WordPressの投稿の仕方は【初心者向け】WordPressの書き方と、記事を投稿するまでの手順を詳しく解説で詳しくまとめています。

以上が、ブログを始める手順です。

まとめ:ブログを書いて、自分の市場価値を高めよう

ブログが時代遅れではない理由と、これから稼ぐための6つのコツ

この記事では、ブログが時代遅れではない理由を解説しました。

まとめると、以下のようになります。

時代遅れのブログでも稼げる理由
①アフィリエイト市場が伸びている
②資産化できる
③テキストはニーズがなくならない
④自己ブランディングできる

また、これから稼ぐための6つのコツはこちらです。

これからの時代にブログで稼ぐコツ
①検索意図に応える
②ロングテールキーワードを狙う
③検索キーワードをずらす
④実体験を語る
⑤本業の領域を発信する
⑥SNSを使う

このように工夫をしながら、個人の価値を高めていくことが、これからのブログの使い方です。

毎日少しずつでも情報発信をすることで、自分の市場価値を高めることができます。

今後は、実際に動ける人と動けない人で大きな差が開いていくので、ブログが必要だと感じたら今すぐ行動してください。

以下の記事から10分で開始できます。

また、ブログ1年目の方が月5万を稼ぐまでの手順は、以下にまとめています。

【保存版】ブログ初心者が月5万稼ぐまでの全手順を解説

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ブログをアクセスアップするには?【初心者がやるべき対策は1つだけ】
ブログが伸びない悩みを解決【初心者でも失敗しない収益化方法とは?】

コメント

タイトルとURLをコピーしました