【1冊10分で読める】フライヤーを使ってみた感想【本の理解には向いてないけどすごい役立つ】

こんにちは、yujiです!1冊10分で本を読めるフライヤーを使って、感動しました。

「本の要約サイト『フライヤー』って本当に10分で1冊読めるの?

このような質問に答えます。

結論から言うと、フライヤーを聴いただけでは本の内容は理解できません!

フライヤーに期待できるのは、あくまで「要約」です。

フライヤーを読むと、作者が言いたいことは大まかには伝わりますが、どうしても『10分前後』という時間制限の中では限界がある印象です。

ですが、逆にその強みを活かす目的で使えば、めちゃくちゃ便利なツールなんです!なのでこの記事では、そんなフライヤーを1か月聴き続けた感想と、フライヤーの正しい使い方をまとめたいと思います!

フライヤーのまとめ
・たしかに1冊10分弱でさらっと理解できる。
・本のサポート的に使うと、より活躍する。
・おすすめはフリープランかゴールドプラン。

「まずは、フライヤーを使った素直な感想からまとめます。」

【Audibleの無料体験でオーディオブック1冊プレゼント!】0円でできることすべてと、月額料50%OFFのお得な使い方を公開します。
【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!
【2020年最新版】『Audible』と『audiobook.jp』おすすめはどっち?年間100冊以上聞いている僕が解説します!

『要約』はぎりぎり合格点レベルです。

内容はわかるけど、なんだか物足りない……。

フライヤーの要約は、まとめると以下のような特徴があります。

flierの要約
・作者が伝えたい重要な部分は、きちんと抑えられている。
・1冊10分の要約として、最大限の情報量が詰まっている。
・面白味や衝撃感は薄れるけど、本全体をまんべんなく丁寧にまとめてくれている。

このように、網羅的で本当にきれいな要約です。なので読んでいると「なるほど、うんうん」とスラスラと理解が進んでいきます。

ただ、フライヤーの要約は、きれいすぎて何も残らない印象です。

「おっ、いい考え方だ。」とピンと来たところがあっても、あまり記憶に残らないんじゃないかなぁと感じます。

というのも、本のいいところは「例え話」や「様々な言い回し」を一緒に消化するからこそ、深く理解できるという部分だと思うので。

なのでやはり本1冊読むのと比べると、フライヤーは定着率に劣るかなぁという感じ。

売り文句通り「1冊まるまる10分で読める」とは思わない方がいいと思います。

要するに、フライヤーは上質な要約サービスですが、僕が勝手に期待していたような『魔法のような要約』ではなかったということです。

「『1冊を10分で理解できる!』というようなサイトばかりだったので、期待しすぎていました。」

とはいえ僕が率直に感じたことは、「10分でよくまとめたなぁ。」という印象です。

実際に僕が読んだ『ライフシフト』『ホモデウス』はすごくきれいにまとめられていました!

「だいたいこんなふうな流れ」ということはきちんと掴めるので、その強みを活かした使い方をおすすめします。

「次は、フライヤーの強みを活かした画期的な『読書法』を紹介します!」

フライヤーがめちゃくちゃ便利な理由。

本との相性がバツグンです。

繰り返しになりますが、フライヤーの強みは、1冊の分厚い・理解しにくい本でもたった10分でさらっと理解できるところ。なのでフライヤーは以下のような人に役立ちます。

フライヤーはこんな人におすすめ
・これから本を読む人。
・本を読み終わった人。
・本を買おうか迷っている人。

このように「本を読むとき」に合わせて使うことで、フライヤーの強みが活かされます。詳しい解説は以下の通り。

これから本を読む人。
ポイントを押さえた状態で読書ができるので「ここはフライヤーで読んだなぁ」と内容を整理しやすい。
また、自分が特に読みたいポイントが事前にわかるのでつまみ食い読書ができる。

本を読み終わた人。
読み終わったあと「どんな内容だったっけ?」となったときに10分で詳細を思い出せる。

本を買おうか迷っている人。
『書店での立ち読み』や『Amazonなどでの試し読み』よりも質の高い情報が得られるので、買うべき本がピンポイントでわかる。

このように、フライヤーが活躍するのは常に『本』を読むのとセットです。

フライヤーが活躍するのは、予習・復習・本選びの3パターン。

本を読む前でも、読んだ後でも、フライヤーを読んでおくと理解の手助けになると感じています。

「本は最初から最後まで読む!」「すべての情報をひとつ残らず拾う!」ということが不可能なので、サマリーの手助けをしてくれる補助的なツールとしてみれば、フライヤーにはすごく価値を感じます!

「『読んだ気になる読書』を卒業して『本当に身につく読書』にアップデートできます。」

なのでフライヤーの正しい使い道は『10分で読んだ気になること』ではなく、『読書で得た知識をさらに強化すること』だと感じました!

フライヤーの正しい使い道
・予習
・復習
・本選び

このポジションでこそフライヤーの強さが出ます。

「次は、フライヤーでのプラン選びについてまとめます。」

僕のおすすめのプラン

選ぶべきプランは『フリー』か『ゴールド』の2択です。

フライヤーは3つのプランがあります。プランによって「読める冊数」と「料金」が設定されています。

3つのプラン
①『フリープラン』
②『シルバープラン』
③『ゴールドプラン』

この中でのおすすめは「①フリープラン」「③ゴールドプラン」です。

①フリープラン

フリープランでは20冊の要約が無料で読めます。

フリープラン
・フライヤーおすすめの20冊
・無料

フリープラン20冊の中には「これ無料でいいの?」という目玉商品がいくつもあって、名著揃いの豪華なラインナップです!

フリープランのラインナップ
・利己的な遺伝子(リチャード・ドーキンス)
・完訳7つの習慣(スティーブン・コーヴィー)
・新装版 人を動かす(デール・カーネギー)
・これからの「正義」の話をしよう(マイケル・サンデル)
・ライフ・シフト(リンダ・グラットン)

登録すればすぐに無料で読めるので、このラインナップだけでもほんとに読む価値があると思います。

とりあえずフライヤーがどんなサイトなのかを確認したい人向けに作られていますが、フライヤーが自信をもって要約を売り出している印象です。


フライヤー/無料で読める要約はこちら

https://c2.cir.io/DsDWQC

②シルバープラン

『シルバープラン』では、フリープランの無料20冊に加えて、5冊を自分で選んで購入できます。

シルバープラン
・有料5冊+フライヤーおすすめの20冊
・月額500円

こちらは、フリープランを利用してみた後で「どうしても有料書籍の要約を読みたい」という場合にオススメ。

ですが、個人的にはあまり必要のないプランかと思います。

というのも、1冊あたり10分なので、5冊でも50分。フライヤーで面白い本をどんどん発掘して聴いていくと、1日の通勤・通学時間で5冊の枠をすべて使いきってしまいそうです。

また、本を選ぶために要約を知りたいのに「要約を買ってみたけどなんだか違った。」なんてことになると思います。

【フライヤー】本の要約サービス・シルバープランはこちら。

③ゴールドプラン

僕のおすすめのゴールドプランでは、フライヤーの全要約が読み放題になります。

ゴールドプラン
・有料2000冊+フライヤーおすすめの20冊
・月額2000円

フライヤーには最新本が毎日1冊ずつ追加されるので、『ゴールドプラン』は強化され続けます。

上で説明したように、個人的には『読みたい本を探すための手段』として使っているので選択肢は広い方がいいです。

なので『要約を自由に選べる』というだけで、選ぶべきはゴールドプラン1択じゃないかなぁと思います。

【フライヤー】本の要約サービス・ゴールドプラン

まとめ

この記事では「フライヤーって、本当に10分で1冊読めるの?」という質問に網羅的に答えました。まとめると以下の通り。

フライヤーのまとめ
・たしかに1冊10分弱でさらっと理解できる。
・本のサポート的に使うと、より活躍する。
・おすすめはフリープランかゴールドプラン。

ちなみに僕が思う「読む意味のある本」は、『読んですぐに自分の行動が変わる本』です。

フライヤーでも普通の読書でもそうですが、自分の人生に落とし込む読書のためには、1秒でも長く時間をかけたいし、もちろん自己投資にはお金は惜しみません。

なので質問の答えは以下の通り。

答え
フライヤーを聴いただけでは本の内容は理解できないのですが、補助的に使いつつ、読書を効率化していくとよいかと思います。

フライヤーは読書を楽しませてくれるツールとして、活躍してくれると思います!

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

https://c2.cir.io/DsDWQC

『flier/フライヤー』の評判は?料金やアプリの使い方、登録、解約方法まですべて解説します!
【これだけは読んでおくべき】「フライヤー」の無料ラインナップを紹介。
【Audibleの無料体験でオーディオブック1冊プレゼント!】0円でできることすべてと、月額料50%OFFのお得な使い方を公開します。
【Audibleは何回でも返品・交換可能】詳しい手順と注意点をわかりやすくまとめました。
【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!
【2020年最新版】『Audible』と『audiobook.jp』おすすめはどっち?年間100冊以上聞いている僕が解説します!
【最新版】年間100冊以上聞いた僕がおすすめする『オーディオブックランキングTOP10』を紹介。

コメント

タイトルとURLをコピーしました