読み聞かせの効果で、楽しみながら本好きな子になる。

読み聞かせの効果

こんにちは、yujiです!この記事では、オーディオブック好きな僕が『本を聴く生活』について詳しくまとめています。

・こどもへの読み聞かせの嬉しい効果とは?
・読み聞かせでどんなメリットがあるの?
・読み聞かせが楽しくなるコツとは?

こどもへの読み聞かせは、親子にとって嬉しいメリットがいくつもあります。

というのも、同じ時間を過ごせることによる効果や、教育に良いという研究結果なども認められているからです。

この記事では、こういった読み聞かせの効果やメリット、そしてコツについてまとめていきます。

幼児教育には読書が必須だともいわれているので、参考にしていただけたらと思います。

「読み聞かせについてまとめることは以下の3つです。」

読み聞かせの効果とは?

読み聞かせには教育的なメリットがあり、例えば子供にとっては本に触れる時間が増え、本に親しみやすくなります。

また家族にも嬉しい効果が多く、寝る前の絵本は、寝かしつけのためのストレスを解消させる効果も期待できます。

以下では、このような読み聞かせの嬉しい効果などについてまとめていきます。

読み聞かせについて
1.子どもにとっての効果
2.大人にとってのメリット
3.読み聞かせのコツ

この3つの順で解説していきます。

「まずは、子供にとっての読み聞かせの効果をまとめていきます。」

1.子どもにとっての効果とは?

読み聞かせの効果

親子の時間としての有効性が認められている読み聞かせについて、特に子どもに対する効果は以下のようなものが挙げられます。

子どもにとっての効果
①語彙が増える
②集中力が増す
③考える力が育つ
④感情が豊かになる
⑤本を読めるようになる

以上の5つを解説していきます。

①語彙が増える

読み聞かせをすることによって、子どもが触れる言葉を増やす効果があり、自然と知らない言葉を覚えていくことに繋がります。

また、絵本には日常では使わない言葉が出てきます。

普段の会話で補えない部分を、絵本や児童書を通して学ぶことができるので、自然とコミュニケーション能力の向上にもつながります。

②集中力が増す

読み聞かせには、子どもの集中力を高める効果があります。

小さな子どもによくありがちなことですが、1つのことに集中するのはなかなか難しいことです。

読み聞かせでも、途中で他のことに興味がそれてしまいますが、読み聞かせを習慣化するようになれば、次第に絵本や児童書を読むことができるように成長してくれます。

③考える力が育つ

読み聞かせで、自分で考える力が育ちます。

物語の流れを追うことで、展開を考えたり、論理的な思考の練習になります。

また、聴いた言葉から情景を想像したり、登場人物に感情移入してみたり、相手の気持ちを想像して思いやることにもつながります。

④感情が豊かになる

物語は、子どもの感情を豊かにします。

子どもは絵本や児童書を通して、登場人物のこころの状態を疑似的に経験することになります。

特に、映像や音楽のない状態で、想像力がより掻き立てられることになり、登場人物に自分を重ね合わせて体験をすることになります。

悲しいことも、達成感も、こうした読み聞かせの小さな物語によって育てられていきます。

⑤本を読めるようになる

脇明子著『読む力は生きる力』(岩波書店)のなかで、「小学生になって文字が読めるようになっても、自分で本を読めるようになるとは限らない」とあるように、文字が読めることと文章を認識すること、物語を理解することは、それぞれ全く違う作業です。

本を読む力は、長い時間をかけて自然と積み上げていくものですが、読み聞かせは大きなプラス要素になります。

このように、子どもの教育面でいくつもの効果があることが認められています。

「続いて、大人にとってのメリットをまとめます。」

2.大人にとってのメリットとは?

読み聞かせの効果

子どもの思考や情動に大きく影響を与える読み聞かせについて、大人にもいくつかのいい効果があることが分かっています。

例えば以下の3つのようなメリットがあります。

大人にとってのメリット
①親子のコミュニケーションが生まれる
②家庭の絆が深まる
③寝かしつけの負担が減る

以下で詳しくまとめます。

①親子のコミュニケーションが生まれる

家族にとって最も大切な時間は、一緒に過ごす時間です。

絵本や児童書を読み聞かせている間は、親と子どもが至近距離で一緒に過ごせる時間になります。

また同じ絵本を、同じスピードで、同じように経験することで、子供にとっては自分が両親に認められていると認識できる時間になります。

絵本を読んでくれる親の愛情を感じ、子どもとの間で話を膨らませながら自然にコミュニケーションがうまれ、お互いに安心を感じる効果が期待できます。

②家庭の絆が深まる

親子のコミュニケーションが深くなると、それに伴って絆が強くなります。

子どもにとって、幼少期の家族との絆は、自己肯定感を高める大きな要因になります。

親子が触れ合う時間はどうしても短くなってしまうので、意識して読み聞かせの機会を作ることで、習慣的に子どもと心を通わせられます。

また、子どもがある程度の年齢に育てば、なじみのある読み聞かせを兄弟姉妹間でもしてくれるようになり、家庭環境の良い循環を生みます。

③寝かしつけの負担が減る

例えば夜寝る前など、わずかな時間でもかまわないので、継続的に読み聞かせの習慣を作りましょう。

寝る前の絵本は寝かしつけの導入になり、どうしても手がかかりがちな睡眠までの負担を減らすことが期待できます。

お母さん、お父さんのちょっとした自由な時間を生み出すことにもつながります。

このように、読み聞かせのメリットは子どもだけでなく、大人にもあることがわかります。

「ここで、読み聞かせのコツについて詳しく解説していきます。」

3.読み聞かせのコツとは?

読み聞かせの効果

読み聞かせは、将来、家族の嬉しい思い出となったり、幼児の人格を形成するおおきな役割を担っていることがわかります。

そこで、子どもに興味を持ってもらいやすくするために、また大人自身が子どもとの楽しむために、読み聞かせのコツをまとめました。

読み聞かせのコツ
①子どもと一緒に絵本を選ぶ
②大人も楽しめる作品を選ぶ
③読み聞かせるときは子どものスピードで
④抑揚をつけて読む

この4つをまとめていきます。

①子どもと一緒に絵本を選ぶ

本の選びに迷ったときは、本選びの段階から子どもと一緒に決めてみましょう。

子どもが興味を示した本であれば、読み聞かせや物語になれていない場合でも習慣づけやすくなります。

また、お気に入りの本を何度でも繰り返して読み聞かせしてあげることで、思い出の1冊になります。

②大人も楽しめる作品を選ぶ

子ども向けに推薦されている図書の中には、読み聞かせする親自身が楽しめる本も含まれています。

自身の思い出深い絵本を子どもに読み継ぐのもよいですし、未読の作品や長編に挑んでも楽しむことができます。

③読み聞かせるときは子どものスピードで

読み聞かせと言えど、本は子どもにとってなじみのない世界です。

どうしても理解するスピードはゆっくりですし、絵をじっくり観察したり、疑問が出てきたり、ひとつの物語を深く読み込む力も大切にするほうが良いため、その子に合った読み方をする必要があります。

子どもが楽しいと感じ、興味を持ったことを掘り下げながら、ペースを調整しながら読み進めましょう。

④抑揚をつけて読む

大人が読み聞かせるときに、子どもが飽きない工夫をすることもできます。

例えば、感情移入をしやすいように、緊張感を伝えるような表現だったり、悲しい真似をしてみたり、クライマックスで脅かしてみたりなど。

次の展開が気になるようにページをゆっくりとめくってみたりするのも一つの方法です。

以上のようなコツを意識すれば、読み聞かせの時間を、より充実した家族の時間にすることができます。

「最後に、忙しいお母さん・お父さん向けの、便利な読み聞かせアプリを少しだけ紹介します。」

読み聞かせアプリとは?

近ごろ、読み聞かせに便利なアプリとしても認知され始めている、オーディオブック系サービスが話題となっています。

オーディオブックで読み聞かせが代行できる?

読み聞かせには、すでに説明したように、映像や音楽で見る物語とは違い、創造力や文章力を高める効果があります。

でも、実際のところ、仕事や家事に追われて、親が読んで聞かせてあげるのが理想だとは分かっていても、そういった時間をとれないことがほとんどです。

無理して読んで負担を増やしても、子どもたちも大人自身も楽しくないようでは、逆効果にもなってしまいます。

そんな悩みを解決してくれるのが、読み聞かせアプリなんです。

読み聞かせアプリの特徴は?

読み聞かせアプリでは、忙しいお母さん・お父さんの負担が減ることだけでなく、以下のような3つの嬉しい特徴があります。

読み聞かせアプリの特徴
・ラインナップを自由に選びながら、まず興味を引き付けることができる。
・プロの音読を聴くことで、飽きずに楽しむことができる。
・楽しく工夫を加えながら、本が好きになる。

このように、上で紹介した読み聞かせのコツや、子どもにとってのメリットを、効果的に引き出すことができる印象です。

また、最近リリースされたサービスでは、子ども自身が声を吹き込んで、オーディオブックをつくる機能もあり、遊びながら本に親しむこともできます。

「以下では、そんな人気の無料読み聞かせアプリをまとめます。」

人気の無料読み聞かせアプリは3つ!

読み聞かせアプリとして人気なのは、オーディオブックアプリとして定番のAudibleやaudiobook.jp、子供向けの安心できるアプリの『みいみ』などです。

それぞれの特徴や絵本・児童書のラインナップは以下のようになっています。

Audible

読み聞かせの効果

Audibleは、オーディオブック系アプリとして、最もユーザー数・作品数の多いサービスです。

子ども向けの絵本・児童書の取り扱いも多く、定番の昔話から、世界中で人気のある、ハリーポッターシリーズまで楽しむことができます。

最近の流行りであれば、長編作品として新海誠監督の「天気の子」などもおすすめです。

【子ども向け無料オーディオブック】絵本や児童書など、全20作品まとめ【Audible】

audiobook.jp

イデア 光と影の物語 PV

耳でみる絵本」シリーズが人気のaudiobook.jp。

1人の朗読者と1本のクラシックギターによる音作品であり、朗読者の創造とギタリストの創造により聴き手の想像を生む作品で、子供だけでなく、大人の方々でも楽しめます。

また、心身の不調を改善されるとされている周波数528Hzを軸に作曲演奏されております。

audiobook.jpの読み聞かせ作品については、以下の記事で詳しく紹介しています。

【絵本・児童書の読み聞かせ】子ども向け無料オーディオブック全35作品を紹介!【audiobook.jp】

みいみ

きみの声が本になる!みいみ紹介動画

みいみは「本の楽しさと出会えるアプリ」として、3~8歳児を対象にリリースされています。

一番の特徴は、セリフの一部を自分の声で吹き替えることができるところ。絵本のキャラクターになりきって、子どもが主体的に物語に参加できる楽しさがあります。

普段本を読まない子や、活字が苦手な子でも、本に親しみやすくなります。

子ども向けの読み聞かせアプリ『みいみ』を使ってみた感想。【吹き替えで楽しく遊べる】

以上の3つのアプリはすべて無料でつかえるので、子どもと一緒に試してみるのもよいかと思います。

まとめ

この記事では、「こどもへの読み聞かせの嬉しい効果とは?」「読み聞かせでどんなメリットがあるの?」といった疑問に答えました。

繰り返しになりますが、こどもへの読み聞かせは、親子にとって嬉しいメリットがいくつもあります。

是非この記事を参考に、毎日のコミュニケーションの習慣を作っていただければと思います!

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【Audible】0円でできることすべてと、月額料50%OFFのお得な使い方を公開します。
【オーディオブックとは?】年間100冊聴いている僕が、オーディオブックについてわかりやすく解説します。
【記憶力アップ】オーディオブックで本を聞く効果とは?メリットやデメリット、100冊聴いた感想をすべて解説します。
【2020年最新】人気声優さんが出演するオーディオブック注目作品まとめ!
オーディオブックのダウンロードについての疑問をすべて解説!【パソコンでの聴き方、MP3で保存する方法、ダウンロードできない理由など】

コメント

タイトルとURLをコピーしました