ブログのノウハウ

【SEO対策】Google検索でブログを上位表示する12個のSEOテクニック

Google検索でブログを上位表示する12個のSEOテクニック

こんにちは、yuji(@yuji_invest)です。
このブログでは、WordPressとアフィリエイトのノウハウについて詳しく解説しています。

Google検索でブログを上位表示させたいです。
今すぐできるSEOテクニックを教えてください。

以上のような、SEO対策に関する質問にお答えします。

PV画像

当ブログはコツコツ更新した結果、1年半ほどでアクセス数が大幅に伸びました。

またアフィリエイト収益も増えており、現在は毎月35万以上まで成長しました。

そこで必ず意識していることが、SEOのテクニックです。

この記事では、ブログ運営で見落としがちな12個のSEOテクニックについて解説します。

※中・上級者向けの内容もまとめているので、自サイトがどれだけ対策できているかを確かめながらご覧ください。

【初心者向け】ブログ収入を稼ぐまでの流れを徹底解説
【高速化】ブログアフィリエイトにおすすめのレンタルサーバー5選

【実証済み】未経験から独学でプログラミングを習得できた勉強法

SEOとは?

Google検索でブログを上位表示する12個のSEOテクニック

SEOとは検索エンジン最適化(Search Engine Optimization)のことで、検索でWEBサイトに訪れる人を増やすことです。

さらに詳しいSEOの知識は【SEOとは?】ブログ初心者のための基本知識で理解していただけたらと思います。

SEOが重要な理由とは?

SEOが重要な理由は、どんなサイトでもアクセスの8割以上が検索からの流入となっているからです。

SEOで集客する

こちらは当ブログのデータですが、検索流入(Organic)が9割を超えています。

どのようなブログでもこのように必ず検索流入が高い比率になるので、SEOでしっかりと成果を出せば、確実にアクセスが増えます。

また、検索上位に表示されればアクセスが安定するので、持続的にブログが読まれるようになります。

Googleの高評価を受けるサイトとは?

SEOでGoogleから評価されるサイトの特徴は、以下の通りです。

Googleの評価するサイト
・ブログ読者向けに質の高い記事を書いている
・Google向けにブログが構成されている

このように、何よりもユーザーファーストで、なおかつGoogleにとっても理解しやすい内容であることが求められています。

ユーザーとGoogleから評価されるサイト作りは【SEO】ブログのアクセス数が増える9個の方法から読んでいただければと思います。

ここからは、ブログ記事を書くにあたって、押さえておきたいSEOテクニックをまとめます。

ブログを上位表示させるための12個のテクニック

Google検索でブログを上位表示する12個のSEOテクニック

ブログ初心者が記事をTOP10に表示させたい場合は、以下で紹介するテクニックが有効です。

以下で紹介するテクニックは、Googleのアルゴリズムやガイドラインに沿った内容なので、Googleが好む戦略となっています。

SEOテクニック
①検索キーワードを配置する
②検索結果の見た目を確認する
③画像のaltタグを設定する
④URLは必ず英語で作成する
⑤関連記事の内部リンクを貼る
⑥コンテンツを整理・統合する
⑦わかりやすい文章を意識する
⑧記事内容を見やすくまとめる
⑨権威サイトを引用する
⑩サイト表示速度を上げる
⑪ページのアクセスデータを測定する
⑫指名検索を目指す

以下で詳しく解説します。

①検索キーワードを配置する

SEOでは、狙ったキーワードで上位表示することが大切です。

そのため、以下の5つのエリアには必ず検索キーワードを配置します。

検索キーワードを入れる場所
・タイトル
・メタディスクリプション
・見出しと本文
・画像のaltタグ
・URL

以上の部分は、ブログ読者の目に留まるところで、なおかつGoogleのクローラーが読み込む場所となっています。

また、タイトルに「ロングテールキーワード」を含めると、記事の公開直後から検索流入が狙えるので効果的です。

効果的なタイトルの付け方は【具体例あり】ブログ記事のタイトルの付け方8つで解説しています。

Google検索でブログを上位表示するためのSEOテクニックを紹介

そして、メタディスクリプションに入れたキーワードは、検索結果画面で強調されるため、1~2回入れておくとユーザーに注目されやすくなります。

メタディスクリプションの作り方を【クリック率が上がる】メタディスクリプションの書き方7つにまとめています。

②検索結果の見た目を確認する

タイトルやメタディスクリプションを作成後、実際にどのように表示されているのかを確認することが大切です。

その際、デスクトップとモバイルの両方でチェックします。

▶デスクトップ
Google検索でブログを上位表示するためのSEOテクニックを紹介

▶モバイル
Google検索でブログを上位表示するためのSEOテクニックを紹介

検索結果を調べる場合は、シークレットモードのウィンドウを使用し、キャッシュやCookieに影響されない状態で確認します。

③画像のaltタグを設定する

Googleのクローラーは、画像の内容を「altタグ(代替テキスト)」によって理解します。

そのため、altタグに画像の説明文を設定しておくことで、クローラーが読み取りやすくなり、Googleからの評価が上がります。

altタグの設定方法はこちら。

Google検索でブログを上位表示するためのSEOテクニックを紹介

このように、画像アップロード画面から設定できます。

また、代替テキストは音声読み上げに対応しているので、画像を見ることのできない読者にとっても役立ちます。

④URLは必ず英語で作成する

SEO対策では、URLを見ただけで記事内容が分かる状態が最適です。

また、Googleにも理解しやすいように英語で作成した方がいいです。
(※そのため、日付や通し番号を割り振ったURLはおすすめできません。)

URL作成のコツはこちらです。

URL作成のコツ
①できるだけ短くシンプルにする
例:https://yujiblog.org/programming-school
②URLだけで、記事の内容が想像できるものにする
例:https://yujiblog.org/blog-seo-writing

また、一度設定したURLは絶対に変更しないようにします。
(※これまで蓄積してきたパワーが失われてしまいます。)

詳しい内容は【WordPress】ブログURLの設定方法と、変更時の注意点5つで解説しています。

⑤関連記事の内部リンクを貼る

記事の関連性が高い内部リンクを設置すると、SEO効果があります。

内部リンクとは、自分のサイト内の記事同士をつなぐリンクのことです。

内部リンクには、以下のようなSEO効果があります。

SEOに効果的な内部リンクの貼り方を解説

内部リンクのSEO効果
・リンクされたページの評価が上がる
・Googleから評価されやすくなる
・読者の滞在時間を長くできる

このように、読者の離脱を減らす効果や、Googleのクローラーに記事内容が伝わりやすくなるなど、結果的に検索上位につながりやすくなります。

SEOに効果的な内部リンクの貼り方については【簡単】SEOに効果的な内部リンクの貼り方7個で詳しく解説しています

⑥コンテンツを整理・統合する

ブログの運営期間が長くなると、同じキーワードに該当する記事を複数書いてしまうことがあります。

こうしたコンテンツは『低品質』とみなされる傾向にあり、SEOに不利な要素となります。

良質なサイトを作るためのアドバイス
『低品質なコンテンツがサイトの一部にしか存在しない場合でも、サイト全体の掲載順位に影響を与えることがあるということにご注意ください。』
詳細情報:Googleウェブマスター向け公式ブログ

そこで、1つのサイトに同じ内容の記事がある場合は、以下のような修正が必要です。

重複コンテンツの修正方法
・評価の高いページに301リダイレクトする
・評価の低いページを削除する

このように、いずれかの方法で低品質ページを改善することで、ブログ全体の評価が上がります。

また、記事作成時点でキーワード選定をしていれば、コンテンツが重複する心配はありません

SEOキーワード選定は【最重要】SEOキーワードの選定方法を詳しく解説で方法をまとめています。

⑦わかりやすい文章を意識する

SEOにおけるわかりやすい文章とは、シンプルで読者がすぐに理解できる文章です。

具体的には、以下のような内容です。

わかりやすい文章にするポイント
・具定例を入れる
・誤字脱字をなくす
・1文を読みやすい長さに区切る
・意味の通りやすい文脈を意識する
・難しい漢字や言い回しを、簡単な表現に言い換える
・漢字/ひらがな/カタカナのバランスをとって、見た目のメリハリをつける

漢字・かなの配分や、文章の適切な長さなど、基本的なライティングスキルは以下の書籍を参考にしてください。本当にわかりやすいです。
20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

また「これ」「それ」といった代名詞は使わずに、あえて何度も名詞を使うのがオススメです。

読者は欲しい答えを探すために、高速でスクロールしながら、目に留まった文章だけを見ています。

そのため、文章の途中にも名詞を置いておくと、何について話しているのかが伝わりやすくなります。

⑧記事内容を見やすくまとめる

ブログ読者は、今すぐ情報を見つけたいと望んでいます。

そこで理解を手助けするために、見やすい記事にまとめること大切です。

見やすい記事のまとめ方
・箇条書きを使う
・太字やアンダーラインなどの装飾を使う
・文字間隔やフォントの大きさを調整する
・見やすいデザインを整える
・きれいな画像を使う

このように、重要な箇所を強調することで、結果的にユーザーファーストな記事に仕上がります。

また基本的に、ブログに必要な文章技術には「型」があります。
当ブログでは書籍に書いてあることをそのまま実践しただけで検索1位を量産できたので【保存版】Webライティングが上達するおすすめ本28選で1冊選んでみるのもおすすめです

⑨権威サイトを引用する

自分のブログに権威のあるサイトのリンクを貼ると、SEOに良い影響を与えます。

権威サイトへのリンクを貼ることで、Googleは有益な情報を発信するサイトだと判断してくれます。

権威のあるサイトの例
・行政機関ホームページ
・各自治体の運営するサイト
・各協会の運営するサイト
・専門性の高い情報をまとめたサイト

以上のような信頼できる情報源からの資料や引用があれば、読者向けに説得力のある記事になります。

⑩サイト表示速度を上げる

ページ読み込み速度は、Googleからの評価に関わる重要な要素です。

Googleはこれまでに何度も『サイト表示速度とSEOの関係』について明言しています。

Web検索ランキングでのサイト速度の使用
『ユーザーは速度を重視しています。そのため、検索ランキングではサイトの速度を考慮に入れることにしました。』
詳細情報:Google 検索セントラルブログ

このようにSEOで重視されるサイト表示速度ですが、サイト側の工夫で改善できます。

1,画像を圧縮する
画像のファイルサイズは、ページの読み込み速度に直接的な影響があります。
そこで、あらかじめ画像を圧縮することで、ファイルサイズを小さくし、読み込み速度を上げる対策が可能です。
画像を圧縮する場合には、TinyPNGなどのプラグインを使用します。

2,処理速度の速いサーバーを利用する
レンタルサーバーの処理速度は、表示レスポンスに影響します。
WordPressと相性の良い高性能サーバーに乗り換えることで、表示速度が大幅に上がるという口コミも多いです。
【高速化】ブログアフィリエイトに最適なレンタルサーバー5選

サイト表示速度を上げるコツはWordPressを高速化する5つのコツでまとめています

⑪ページのアクセスデータを測定する

GoogleのSEOアルゴリズムは、常に進化し続けています。

そのため、すでに持っているSEO知識だけで対策していくのではなく、自分でデータをチェックする必要があります。

データからアクセス数を改善するには、以下の項目を測定します。

ページごとのデータ測定
・オーガニック検索
・キーワードごとの順位
・検索からのクリック率
・ページの滞在時間
・直帰率

この辺りは、Google Search Consoleですべてチェックできるので、伸び率を見ながらの改善ができます。

そして、こうした数値は記事のリライトをすることで大きく改善します。

SEOに効果的なリライト方法を解説

実際に【英会話 上達】のキーワードを狙ったリライトでは、無事に50位からTOP10へ急上昇できました。

検索順位が急上昇するリライト方法は【具体例あり】ブログ記事のリライトでSEO効果を上げる9個のコツにてまとめています。

⑫指名検索を目指す

最新のSEOでは、指名検索の重要度が高まっています。

指名検索とは、会社名やブランド、商品などの固有名詞で検索されることです。

例えば、当ブログであれば『yujiblog』で検索されることを目指します。

指名検索にはGoogleアルゴリズムの影響を受けにくいというメリットがあるので、常に安定したアクセスが確保できるようになります。

指名検索をしてもらうための対策は、こちら。

指名検索される方法
・覚えてもらいやすい名前にする
・SNSでの認知度を上げる
・様々なプラットフォームにコンテンツを展開する
・専門性を高め、業界内で積極的に活動する

このように、自己ブランドの認知度を高めることが大切です。

以上の12個が、検索上位に表示されるためのテクニックです。

以上のようなSEOを書籍で勉強したい方は【初心者向け】SEOを学べる19冊のおすすめ本でおすすめ本を厳選しています

まとめ:SEOテクニックで、Googleに評価される

Google検索でブログを上位表示する12個のSEOテクニック

この記事では、12個のSEOテクニックについて解説しました。

再度まとめると、以下の通りです。

SEOテクニック
①検索キーワードを配置する
②検索結果の見た目を確認する
③画像のaltタグを設定する
④URLは必ず英語で作成する
⑤関連記事の内部リンクを貼る
⑥コンテンツを整理・統合する
⑦わかりやすい文章を意識する
⑧記事内容を見やすくまとめる
⑨権威サイトを引用する
⑩サイト表示速度を上げる
⑪ページのアクセスデータを測定する
⑫指名検索を目指す

以上のSEO対策は、ブログ運営で見落とされがちな部分です。

少しの工夫で読者の利便性が高まり、Googleに評価されるようになるので、是非実践してみてください。

そしてSEOの基本は、狙ったキーワードで的確に上位表示を目指していくことなので、検索順位ツールで測定しつつ、効率的なブログ運用を目指してください。

検索順位ツールを使っていない方は、まずは無料で使えるGRCを導入すればOKです。

SEO検索順位チェックツールGRCの使い方

また、ブログ運営で本当に力を入れるべきなのは『コンテンツ』です。

まずは『コンテンツ』で読者の悩みを解決することが先なので、「どうすれば読者の人生がより良くなるか」という目線で記事を構成してみてください。

うまく記事がまとまらない・何について書いているかわからなくなってしまう、という方のために「テンプレート」を作成しています。
以下の記事に記事を作る流れをまとめたので、参考にしていただければと思います。

【完全版】SEOに強いブログ記事の書き方テンプレート

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

Amazonアソシエイト審査に1発合格した話
【限定公開】もしもかんたんリンクのカスタマイズ
【実証済み】未経験者から独学でプログラミングを習得できた勉強法
【無料あり】僕はオーディオブックで年間100冊聞いてます

【実証済み】独学で英会話が上達する5つのシンプルな勉強法

コメント

タイトルとURLをコピーしました