【WordPress】検索順位を上げる『noindex』の使い方。

ブログ運営のメモ WordPress

こんにちは、yujiです!ブログの閲覧数を伸ばすために、Google検索順位を上げる方法をまとめています。

「せっかくブログ記事を書いたので、Google検索に表示されやすくしたい。」

ということでこの記事では、検索順位を上げる方法の1つとして「noindex」についてまとめます。

noindexで検索順位は上がります!

検索結果に表示されやすくするために、Googleに評価してもらおう。

Googleはウェブ上の全ての記事を見ていて「どれが良質なコンテンツなのか」を常に考えています。

そんなGoogleは、ひとつの記事の純粋な評価に加えて「ブログ全体」の評価もちゃんと考えてくれています。

なので、読んだ人を満足させる記事を書くのはもちろんですが「ブログの総合評価」も少なからず気にした方がいいみたいです。

以下はGoogle公式の見解です。

Google公式の見解
「低品質なコンテンツがサイトの一部にしか存在しない場合でも、サイト全体の掲載順位に影響を与えることがある。」

これに対する対策として『noindex』を使って、質が低いと評価される記事を無視してもらうことができます。

noindexの使いどころ。

Googleからの「ブログの総合評価」を上げることができる!

noindexの意味はそのままで、インデックス(=索引)に載らないようにする指示です。noindexの効果は以下の通り。

noindexの効果
・検索結果には表示されなくなる。
・Googleのページ評価の「対象外」になる。

なので、noindexが設定されたページは検索結果には表示されなくなり、同時にGoogleのページ評価の「対象外」になります。

このような効果があるので、適切に使えばGoogleからの「ブログの総合評価」を上げることができます!

noindexにするべきページ。

Googleのページ評価の対象”外”にしておきたいページは、以下のような記事です。

noindexにするべきページ
①必要だけど、ニーズがなさそうなページ。
②記事の内容が薄く、検索されることがないページ。

このように、ブログの中では必要だけど検索されることはないページが対象です。詳細は以下の通り。

①必要だけど、ニーズがなさそうなページ。
例えば、ブログに必要な「カテゴリーページ」や「タグページ」は、ブログ内を整理するためには必要ですが、純粋な内容だけで見るとほとんどURLが並んでいるだけです。なので実質の内容は薄く、Googleからは「低品質なコンテンツ」とみなされます。

②記事の内容が薄く、検索されることがないページ。
僕のブログの場合だと、ポエム記事のように検索されない記事や、404ページのように機能的に必須だけど内容はゼロなページなどもnoindexの対象です。

noindexを設定しても、記事自体はなくならないので安心です。

「noindexの機能が理解できたら、続いて設定方法を解説します。」

noindexの設定方法。

ブログ記事のnoindexは、以下の手順で設定できます。

noindexの設定方法。
①「All in One SEO Pack」で全体設定。
②記事ごとにnoindexを指定。

それぞれの詳細を解説します。

①「All in One SEO Pack」で全体設定。

カテゴリページやタグページには、WordPressのプラグイン「All in One SEO Pack」を使って一括でnoindexを設定します。

「All in One SEO Pack」をインストール

まずはWordPressのプラグイン「All in One SEO Pack」をインストールします。

WordPressメニューの「プラグイン」から「新規追加」と進み、右上の検索欄に「All in One SEO Pack」を入力します。

検索結果の「All in One SEO Pack」を有効化します。

有効化できたら、WordPressメニューから「All in One SEO Pack」を開き「一般設定」に移ります。

Googleアナリティクス

まずは、一般設定の中ほどにある「GoogleアナリティクスID」に自分のID「UA-○○○○-1」が記入されているか確認します。

GoogleアナリティクスIDの確認方法は以下の記事にまとめています。

【Googleアナリティクス】トラッキングID「UAー〇〇〇〇ー1」の確認方法

Noindex設定

後半にある「Noindex設定」で各種設定をします。

上の画像のように、チェックを入れたところにnoindexが設定されます。

「カテゴリー」と「タグアーカイブ」については、ブログの構成によってnoindexが必要かどうか検討してもOK。

「全体設定はこれで完了。次は個別の記事ごとにnoindexを設定します。」

②記事ごとにnoindexを指定。

個別記事の編集ページの下の方に「All in One SEO Pack」の表示があります。

「この固定ページ/投稿に noindex を使用する」にチェックを入れると、その記事はnoindexに指定されます。

これでnoindexの設定は完了です!

「noindexの設定が完了したら、次はうまく作動しているかを確認します。」

確認方法

Googleに伝わっているか確認します。

noindexの設定ができたら「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」を使って、noindexが作動しているか確認します。

「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」を開き、メニュー内の「インデックス」の「カバレッジ」を表示。

カバレッジ
【有効】通常の評価されているページ。
【除外】noindexが効いているので、評価には加わっていないページ。

このように「除外」とされていればnoindexが効いていて、Googleのページ評価の対象外なので、検索順位には影響しないようになります。

Googleがnoindexを確認してくれるタイミングはブログによって違うので、「除外」に登録されるのを気長に待ちましょう。

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【Twitterデータ公開してます】14日間でフォロワーを2,000人増やすノウハウ。
【2020年最新版】キャッシュレス初心者向け、おすすめのQRコード決済4選!
【本を聞くアプリで効率アップ】オーディオブックおすすめTOP5を徹底比較!

コメント

タイトルとURLをコピーしました