【初心者向けSEO】検索順位を上げる『noindex』の使い方【WordPress】

こんにちは、yujiです。
このブログでは、WordPressを使ったブログの運営とアフィリエイトについて詳しくまとめています。

せっかくブログ記事を書いたので、Google検索に表示されやすくしたい。

以上のような、ブログのSEO対策についての疑問にお答えします。

当ブログは、半年ほど前からSEOを意識して記事を書きはじめています。

cocoonとall in one seo packについて

結果的に、以上のように複数のキーワードで検索1位を獲得できるようになりました。

ということでこの記事では、検索順位を上げる方法の1つとして『noindex』についてまとめます。

Amazaonアソシエイトに挑戦中の方にお知らせ。
2020年3月以降、Amazaonアソシエイト審査方法が変更されました。この変更についてはまだネット上に情報が不足しているので、以下のまとめが参考になると思います。
【審査承認されたので解説】最新Amazonアソシエイトの審査攻略方法

【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ
【効果あり】ブログのアクセス数を増やす方法【初心者向けSEO対策】

【もしもアフィリエイトでOK】Amazonアソシエイト審査に1発合格した話
【実証済み】未経験者の僕が、独学でプログラミングを習得できた勉強法

【事実】低品質なコンテンツは、サイト全体の評価を下げます

Googleはサイト全体の評価をしている

GoogleはWebサイトに対し「良質なコンテンツかどうか」を常に評価しています。

ここで重要なのが、各記事を評価するだけでなく、Webサイト全体の評価もしているということです。

以下はGoogle公式の見解です。

Google公式の見解
「低品質なコンテンツがサイトの一部にしか存在しない場合でも、サイト全体の掲載順位に影響を与えることがある。」
詳細情報:良質なサイトを作るためのアドバイス

このように、低品質なコンテンツによるサイト全体への影響が明言されています。

そこで、ブログ内の低品質なコンテンツに対して対策をする必要があります。

【対策】低品質なコンテンツには『noindex』を使用

低品質なコンテンツへの対策として『noindex』を使って特定の記事を評価外にしてもらうことができます。

【解説】『noindex』とは?

noindexの意味はそのままで、インデックス(Googleの検索結果)に載らないようにする指示です。

noindexの具体的な効果は以下の通りです。

noindexの効果
・検索結果に表示されなくなる
・Googleのページ評価の「対象外」になる

このように、noindexが設定されたページは検索結果には表示されなくなり、同時にGoogleのページ評価の「対象外」となります。

以上のような効果があるので、適切に使えば「ブログの全体的な評価」を上げることが可能になります。

【疑問】『noindex』にするべきページとは?

Googleのページ評価の『対象外』にしておきたいページは、以下のような記事です。

noindexにするべきページ
▶必要だけどニーズがないページ
▶記事の内容が薄く検索されることがないページ

このように『ブログの中では必要だけど、検索されることはない』といったページが対象です。

詳細は以下の通り。

▶必要だけどニーズがないページ
URLが並んでいるだけなどのページは、実質的な内容が薄く、Googleからは「低品質なコンテンツ」とみなされることがあります。

▶記事の内容が薄く検索されることがないページ
僕のブログのポエム記事のように検索されないものや、『404ページ』のように機能的に必須だけど内容がないページは、noindexの対象です。

また、noindexを設定しても記事自体はなくならないので安心です。

noindexの機能が理解できたら、続いて設定方法を解説します。

【簡単】noindexの設定方法

ブログ記事のnoindexは、以下の手順で設定できます。

noindexの設定方法
①「All in One SEO Pack」で全体設定
②記事ごとにnoindexを指定

それぞれの詳細を解説します。

①「All in One SEO Pack」で全体設定

カテゴリページやタグページには、WordPressのプラグイン「All in One SEO Pack」を使って一括でnoindexを設定します。

「All in One SEO Pack」をインストール

まずはWordPressのプラグイン「All in One SEO Pack」をインストールします。

WordPressメニューの「プラグイン」から「新規追加」と進み、右上の検索欄に「All in One SEO Pack」を入力します。

検索結果の「All in One SEO Pack」を有効化します。

有効化できたら、WordPressメニューから「All in One SEO Pack」を開き「一般設定」に移ります。

Noindex設定

設定画面の後半にある「Noindex設定」で各種設定をします。

上の画像のように、チェックを入れたところにnoindexが設定されます。

※「カテゴリー」と「タグアーカイブ」については、ブログの構成によってnoindexが必要かどうか検討してください。

All in One SEOによる全体設定はこれで完了です。次は個別の記事ごとにnoindexを設定します。

②記事ごとにnoindexを指定

個別記事の編集ページの下の方に「All in One SEO Pack」の表示があります。

「この固定ページ/投稿に noindex を使用する」にチェックを入れると、その記事はnoindexに指定されます。

これでnoindexの設定は完了です。

noindexの設定が完了したら、次はうまく作動しているかを確認します。

noindexの確認方法

Googleにnoindexが伝わっているかを確認

noindexの設定ができたら「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」を使って、noindexが作動しているか確認します。

「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」を開き、メニュー内の「インデックス」の「カバレッジ」を表示。

カバレッジ
▶有効…通常に評価されているページ。
▶除外…noindexが効いているので、評価には加わっていないページ。

このように「除外」とされていればnoindexが効いていて、Googleのページ評価の対象外なので、検索順位には影響しないようになります。

Googleがnoindexを確認してくれるタイミングはブログによって違うので、「除外」に登録されるのを気長に待ちましょう。

最後に、、、

このブログでは、以上のようなWordPressを使ったブログ運営について、ノウハウをまとめています。

以下の記事では、WordPressブログを収益化していく方法について、僕の経験をもとに詳しく解説しています。

【年収7ケタ突破】僕のブログの収益化方法まとめ【初心者でも稼げた仕組みとは?】

またSEOで検索上位を獲得した結果、1年ほどでアクセス数が『25万PV』となりました。

SEO対策について

ブログのアクセス数を増やす方法について以下の記事で解説したので、参考にしていただけたらと思います。

【効果あり】ブログのアクセス数を増やす方法【初心者向けSEO対策】

プログラミング未経験の僕が独学でWEB制作を学んだ方法についての情報も公開しています。
1か月でWEB制作ができるようになるので、興味のある方は是非。

【実証済み】未経験者の僕が、独学でプログラミングを習得できた勉強法

この記事が少しでもお役に立てたら幸いです。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

【もしもアフィリエイトでOK】Amazonアソシエイト審査に1発合格した話
【無料あり】僕はオーディオブックで、年間100冊聞いてます

【初公開】僕がネイティブから教わった、英会話上達のコツまとめ
【その画像の著作権、大丈夫?】僕がおすすめする『安心のフリー素材サイト』9選

コメント

タイトルとURLをコピーしました